紫外線対策は早めに 日傘を選ぶコツ 教えて!

数あるブログの中から、私のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

昨年、私の娘が、

「毎日、日傘をさしていたのに日焼けしてシミが出来ちゃった」

と言っているのを聞きました。

 

これは、あなたにお話ししておこうと思い、

紫外線対策は早めにしましょう日傘を選ぶコツをお伝えします。

スポンサードリンク

紫外線対策は早めに 日傘を選ぶコツ UV率と遮光率

紫外線は5月から強くなり始めまず

まだ暑くないから大丈夫という気持ちでいると、

1番紫外線の強い時期に入っていますので

日焼けをしてしまったりします。

 

早めに準備をしておく必要があります。

 

紫外線対策を早めにしておくためには、

日傘を使うのがとても効果があります。

また、日傘の紫外線の効果って、

2年ともいわれていますので買い換えておく必要もあります。

 

じゃあ、買いましょうと、

紫外線対策のために日傘を見に行ったあなたは、

日傘にUV率とか遮光率とかが書いてあって、

「どんな違いがあるの?わからない…。」と、

買わずに帰ってこられたのですね。

 

では、あなたが

「日焼けしたくない!」って叫んいるなら、

 

紫外線対策のために日傘を選ぶポイントは、

日傘の『UVカット率』を見てください。

 

UVカット率とは、紫外線をカットする率で、

高いほど、日焼けしにくく、シミができにくくなります。

 

今は、UVカット率99%の日傘も多いですよ。

中にはカット率100%なんてのもあります。

 

ですから、「紫外線対策 日焼け防止」であれば、

UVカット率の高い日傘を選びましょう。

 

また、あなたが、

「暑いのがイヤ。

紫外線対策は、日焼け止めクリームを使うので、

ちょっとでも涼しくしたい。」  

とおっしゃるのであれば、

日傘の『遮光率』を見てください。

 

遮光率とは、可視光線をカットする率のことです。

この数字が高いほど、日傘の下の陰が濃くなります。

 

濃くなるということは、しっかりと光を遮っていて

「日除け」としての機能があるということになりますね。

 

欲張りなあなたは、UVカットもして、遮光率も高い日傘はないの。

と思われていると思います。

 

両方の数字の高いものを選んでください。

紫外線 2

 

紫外線対策は早めに 日傘を選ぶコツ 生地の色や厚さ

あなたは、日傘を選ぶときに、

色のことも考えますよね。

紫外線対策となる日傘の主流は、です。

 

でも、ちょっとでも涼しい方がいいなら、黒よりですね。

 

じゃあ、白は紫外線対策の効果が低いのかといいますと、

そうではありません。

スポンサードリンク

日傘 2

いろいろな色の生地に紫外線カットの加工をした日傘は、

ちゃんとカットしてくれます。

 

また、生地の厚さはどうでしょうか。

 

薄いものより熱いものの方が、紫外線をカットしてくれます

 

日傘の色で気をつけないといけないのが、

日傘の裏側の色です。

 

涼しそうだからと言うことで、

日傘の裏側が、白色やシルバーの日傘を使ったことはありませんか。

 

そのような日傘は、カメラマンが使っている反射板(レフ板)と同じで、

反射している紫外線を、あなたの顔に集めてしまうことになるのです。

ですから、日傘の裏の色は黒を選んでください

 

紫外線対策は早めに 日傘を選ぶコツ 日傘の有効期限って?

あなたが、今、日傘をお持ちなら、

それは何年間ぐらい使っておられますか。

 

実は、日傘にも有効期限があるのです

それは、2年間です。

 

日傘の命である、外側の紫外線防止のコーティングは、

強い日差しを受けたり、

物理的にこすれたりすることで、

効果が薄れていくからです。

 

ですから、2年以上お使いの日傘は、買い換えておくようにしてください。

日傘 1

紫外線対策は早めに 日傘を選ぶコツ 日傘でも防げない紫外線とは

 

あなたは、私のお話から

UVカット率や遮光率の高い日傘を購入されたのですね。

でも、日傘でも防ぐことのできない紫外線があります。

 

それは、照り返しといって気象庁のホームページによりますと、

アスファルトの照り返しは10%もありますし、

 

砂浜では、25%もあるのです。

日焼け止めクリームをしっかり塗るなどして

対策してください。

 

まとめ

ここまで、紫外線対策は早めに

日傘を選ぶコツ をお話ししてきました。

 

そこで、日焼けも、日よけもどっちもしたいと言う日傘についてまとめてみると、

生地は厚めの日傘で、

UVカット率が高くて、

外が薄めの色、

内部は濃い色の二重張りの日傘

と言うことになります。

 

あなたの好みにあわせて、日傘を選んでください。

 

紫外線対策については

 

日傘と雨傘の兼用 効果はどれくらい?

 

紫外線クイズ ウソ?ホント? 対策は?

 

紫外線対策 時間 帽子 日陰 サングラスなど

 

でもお伝えしていますので、よろしければご覧ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP