紫外線対策 時間 帽子 日陰 サングラスなど

数あるブログの中から、 私のブログをご覧いただきありがとうございます。

紫外線は、夏だけではありません。
紫外線の量は、温かくなる3月から増え始めます。

しっかりと対策しましょう。

スポンサードリンク

紫外線を知ってしっかり対策しましょう。

外出は、午前中の10時まで、午後は2時以降にしましょう。

紫外線が、強くなる時間を、調べたデータを見ますと、

10時~14時の間で、1日の約60%の紫外線量があります。

 

できるだけ日陰を選びましょう。

 

日向と日陰の紫外線の量はと言いますと、
日向を100としますと、日陰は50と考えてください。

でも、紫外線は、空気中や地面や建物で反射していますので、

これより多いかもしれません。

 

日傘・帽子で太陽からの直接の紫外線を防ぎましょう。

紫外線対策で日傘を選ぶ場合ですが、

表面の色は、白でも黒でも、

UVカット加工がされていれば大した差はありません。
肝心なのは日傘の内側の色です。
紫外線はアスファルトに反射して下からも当たります。

 

表面の色は気にしなくてもいいですが、

内側の色はなるべく黒に近い物が良いでしょう。

紫外線 4

袖や襟のついた服を着ましょう。

紫外線を通さない服と言いますと、

黒の方が良いと思われますね。

 

確かに白よりも良いようですが、

大切なのは、生地の編み目がしっかりしていることです。

 

お日様にすかして見て見えるようでは、紫外線対策が十分とは言えません。

スポンサードリンク

 

サングラスを掛けましょう。
UVカットのサングラスが、効果的です。
でも、紫外線はサングラスの上や下から横からも入ってきます。

 

ある程度の大きさが必要です。

紫外線 サングラス 1

日焼け止めクリームをしっかりと使いましょう。

紫外線対策の基本は、日焼け止めクリームですが、

あなたは、どのように使っていますか。

 

まず、時間です。

汗をかいたりしますので3時間ごとに塗るのが良いです。
白くなるのがいやで薄く塗ってませんか、
適量は、に塗るときは、

クリームなら「真珠2つ分」の量、

 

液状タイプであれば「1円玉2つ分」です。

 

顔の中でも、鼻の頭やほお骨には良く塗っておきましょう。

 

SPFは15 PA+~++で十分。
SPFとは、紫外線のB波への効果の大きさ
PAは、A波への効果の大きさです。
肌への負担を考えて使いましょう。

紫外線のピークは

1年間をとおして、紫外線の強まるのは、
3月から10月くらいまでと言われていますが、
冬でも、雪の反射などは、危険レベルといわれています。

 

最近、私も、日焼け止めクリームを塗ったり、日傘を活用しています。

 

紫外線対策については

 

日傘と雨傘の兼用 効果はどれくらい?

 

紫外線クイズ ウソ?ホント? 対策は?

 

紫外線対策は早めに 日傘を選ぶコツ 教えて!

 

でもお伝えしていますので、よろしければご覧ください。

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP