日傘と雨傘の兼用 効果はどれくらい?

数あるブログの中から、私のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

ふと、気がつくと、まわりの木々の新緑が、

ずいぶんと鮮やかになってきましたね。

 

こうした頃は、日差しも強くなってきているので、

あなたは、紫外線が気になって、

日傘と雨傘の兼用 効果はどれくらいと考えておられると思います。

ここで、雨傘の兼用をお伝えします。

スポンサードリンク

 

日傘と雨傘って何が違うのでしょうか

 

日傘の代わりに雨傘を使えないかと考えた時に、

日傘と雨傘の違いについて見てみることにしましょう。

日傘 1

日傘は、紫外線などから肌を守ります。

そして、夏の暑さを少しでも和らげようとするものです。

詳しくは、紫外線とか可視光線そして、赤外線を防ぎます。

 

大きさは、雨傘よりも小さめです。

デザインを工夫してあるものもあります。

 

雨傘は、体が雨に濡れないようにします。

ですから、もちろんのこと防水機能があります。

雨を防ぎやすいように大きめに作ってあります。

と、ここまで見ると、

 

日傘と雨傘って全然違うような感じがしませんか。

 

では、日傘と雨傘の素材について見てみましょう。

 

日傘の素材は、以前は、綿地が主で、

シルクのものは高級品でした。

でも、その後、

ポリエステルのものが主流になってきました。

そして、このポリエステルに100%の防水・撥水機能を持たしたものが

日傘と雨傘の兼用として使われています。

 

雨傘の素材は、ポリエステルのものと、

ナイロンのもの、そして、ビニールのものがあります。

 

日傘と雨傘の素材は同じもの と言うことは・・・

 

日傘と雨傘の素材についてみてきたときに、

スポンサードリンク

両方に共通していたのがポリエステルでしたね。

では、ポリエステルと紫外線の関係を見てみましょう。

ポリエステルという素材は、

UVを90%以上カットします

それも、特殊な加工をしていなくてもです。

 

さらに、ポリエステルの色と厚さは紫外線とどうでしょうか。

 

ポリエステルの色の濃い方が薄い方より、

紫外線を透過させないという調査があります。

また、薄手のものより厚手のものが、より紫外線をカットします。

 

日傘と雨傘の兼用 には

 

こうして、日傘と雨傘の違いを、素材も含めてみてみますと、

日傘と雨傘の兼用 には、雨傘が

「使えます。」とお答えできます。

 

さて、先ほどお話しした中で、

晴雨兼用という話が出てきましたね。

 

 

このことを、もうちょっと詳しくお話しします。

 

雨傘ではなくて、日傘なのですが、

素材であるポリエステルに防水加工と撥水加工を施した

日傘が注目を集めています。それも、折りたたみです。

 

ということは、普段鞄の中に入れている傘を、

雨傘から晴雨兼用の日傘に取り替えることで、

年間を通して使えるということになりませんか。

 

まとめ

日傘の代わりに雨傘は使えますか 日傘と雨傘の違いは

というあなたの疑問についてお話ししてきたわけですが、

 

あなたが普段持っておられる雨傘を、

紫外線対策に使うことももちろんできますが、

晴雨兼用の日傘を使うこともできます。

 

雨傘を晴れた日に使うのはちょっとということを思うのであれば、

晴雨兼用の日傘をお使いになるのもいいですね。

 

紫外線対策については

 

紫外線クイズ ウソ?ホント? 対策は?

 

紫外線対策 時間 帽子 日陰 サングラスなど

 

紫外線対策は早めに 日傘を選ぶコツ 教えて!

 

でもお伝えしていますので、よろしければご覧ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP