ファミリーキャンプに行こう テントを張ろう 自然とふれあおう

あなたは、すっかりファミリーキャンプ大好きな、アウトドア派になったのですね。

ディキャンプも、今ではなれたもの。バンガローなどで、ご家族と夕食・朝食はBBQや焼きそば、ベーコンエッグバーガーなどと楽しんでおられるのですね。

ファミリーキャンプ大好きなあなたは、そろそろテント泊を、と考えておられるのですね。

本格的な、ファミリーキャンプ参戦!!!

では、テントのことについて詳しくお話しします。

スポンサードリンク

ファミリーキャンプでテントをつかうとは?

まず、あなたが、本当にテントを必要としているのかを、考えてほしいと思います。

まず、バンガローなどは、絶対的な数が限られており、
希望する日にちが満員であることが多くて
予約をしようとしてもできないことがありますが、

テントであれば、有名なキャンプ場は別ですが、
予約が必要なテント場でも、予約が取りやすいことです。

予約なしで入れるキャンプ場もあります。

また、年間を通して、何回もファミリーキャンプに行く場合には、
バンガローなどに泊まるよりも費用が安くなるということ。

直接ではないのですが、地面に寝るということ自体が、
自然を感じられることです。

でも、テントは、外と中を仕切るのは布切れ一枚か二枚となっているので、
風雨は避けることができますが、
暑さや寒さはしのぐことができません

ですから、夏の暑い時に、比較的標高の低いところでは、テントの中が暑くて寝にくくなります。

また、春や秋の季節の良いときには、昼間は暑いくらいのなのですが、夜は結構冷え込みますので厚着や重ね着が必要となります。

といったような、長所や短所があります。

また、設営や撤収は、といいますと、

たとえば、魚屋さんは、魚を簡単に3枚におろしますし、刺身にしたときに本当に美味しいです。

ところが、魚をはじめてさばく人は、時間もかかりますし、刺身にしても美味しくはありません。

でも、きちんと教えていただいて回数をこなすとちゃんと3枚におろせるようになります。

それと同じで、ファミリーキャンプになれているご家族は、
キャンプ場についてから、家族それぞれの分担が決まっていて、

30分もかからない内に、テントとタープができあがり、
テーブルや椅子も並び、すぐにでも食事の支度ができるようになります。

一方、ファミリーキャンプではじめてテントを立てる場合には、
2時間以上かかっても、立ち上がらない場合もあります。

また、はじめて立てるテントがうまくいかなくて、
こわしてしまって捨てて帰ってきたなんて笑えない話も実際にあります。

でも、キャンプに行くたびに、先輩キャンパーに教えてもらって、
試行錯誤で改良を重ねる内に、ベテランキャンパーになっていきます。

はじめには、テントを立てるのに時間もかかり苦労していたことが、
何回もする内に、すごく短時間でできるようになるのです。

「上手になった。」「はやくなった。」という経過やプロセスが大きな楽しみでもあります。

バンガローに泊まってのファミリーキャンプとは、このような違いがあるのです。

もし、あなたが、テントなんてすぐ立てられるよ。と思っておられるのならば、
大きな勘違いをされていると思います。

家族のためにもテント泊はやめておいた方がいいと思います。

そうではなくて、自然の中で、暑さや寒さ、
そして、雨までも体で感じながら、家族で過ごしたい。
はじめは、できなくても、練習してちゃんとできるようになりたい
と思われるのならば、

是非、是非、テント泊を始めてください。

ファミリーキャンプに向いているテントとは?

これから、自然の中で過ごす時間を作っていきたいと
思われているあなた。

テント泊のためのテントは、
どのようなものを選んだらいいのかということをお話しします。

まず、ウイングタープをすでにお持ちで、
お金があまりかからなくて、
テントは寝るだけと特化するなら、

キャプテンスタッグから販売されている3人用のドームテントをオススメします。
テントの出入り口をウイングタープの下にすれば、
雨の日でも大丈夫です。

ご家族が2人なら、1張で中に荷物を横に置いて、眠ることができます。
3人~4人であれば、2張でいけます。

このテントは、妻と2人でキャンプに行くときに使っていますが、

設営と撤収が、とても簡単なのです。値段も、5000円以内で購入できます

次に、オススメするのは、
テントの中で、着替えなどを立ってできるようにしたいとか、
お子さんが寝ていてごろごろと良く動くので、
それに合わせたスペースがほしいといった場合には、

コールマン社のタフワイドドーム Ⅳ/300などの
使用時サイズが300×300×185(h)cmあるドームテントがオススメです。

わたしは、20年くらい前のダンロップ製のドームテントを使っています。
このテントと、ウィングタープの組み合わせで使っています。

今、キャンプ場でよく見かける、
2ルームになった大型のテントは、使っていません。
それは、まず、2ルーム式のテントは、
場所を広くとらないといけないということです。
それと、収納時に大きくて重くなるということです。

でも、2ルーム式のテントでテーブルや椅子を広げてのびのびとされているのもいいですね。

テント選びの参考にしてください。


スポンサードリンク

ファミリーキャンプのテントをはるときに気をつけることとは?

あなたのご家族のスタイルにあわせたテントをお買い求めになられたら、
まず、しておくことがあります。

実際のファミリーキャンプに行く前に、
家の庭や、公園で実際に、テントをはってみてください。

その時に、開始の時刻と完成の時刻を見ておいてくださいね。

ちなみに、私の友人は、家の中で張っていて、奥さんがすごく怒ったそうです。

きっと1回目は、ずいぶん時間がかかることと思います。
ところが、2回目になりますと、かかった時間は、半分ほどになっていると思います。

そう、こうして、うまくなっていくことが
楽しみなのですね。
これで、テントを張る準備は完了です。

テントの設営のことで、こんなことを思い出しました。

私は、普段は、キャンプ場に着くのは、遅くとも午後5時くらいだったのですが、
とあるキャンプ場では、到着が午後7時になっていました。

キャンプ場について事務所で受付をしたときに
管理人さんが言われたのは、
「テント張れますか。」でした。

私は、「はい、大丈夫ですよ。」と言ったのです、
でも、その管理人さんは、私たちのテント設営を心配して見に来てくれました。

そのときに妻と話したのが、
「テントを張るのに困っている人が多いのかなあ。」でした。

キャンプ場の管理人さんが心配するほど、
テントの設営に苦労しておられる方が多いということなのですね。

この試し張りを、しっかりとしておきましょう。家族のためです。

実際にキャンプ場でのことは次回にお話しします。

まとめ

あなたは、自然の中でのテント泊に魅力を感じて、
テントを購入されたのですね。

家の中でベッドやお布団の上で眠るのももちろんいいのですが、
地面に寝ると言うのも、また、格別です。

あなたのお子様にとって、
この経験は、何物にも代えがたいものになると思います。

ファミリーキャンプのことはこちらでもお伝えしています。

ファミリーキャンプのリンク集

よろしければご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP