忘年会で新人が挨拶をうまくするコツや例文!お酌をする時も

忘年会の季節が近づいてきました。

会社によっては、忘年会の時に今年に入社した社員挨拶をするところがあります。

何をどのように、言っていいのかわからないですね。

そこで、私から、忘年会で新人の挨拶や乾杯の挨拶のコツや例文やお酌をする時もお伝えします。

スポンサードリンク

忘年会での新人の挨拶への気持ち

忘年会という場で、挨拶をする新人の方。

今から、緊張している方もおられると思います。

でも、ちょっと切り替えて、

社員の皆さんに自分を知っていただく「とてもいい機会」をいただいた

と考えてはいかがですか。

重すぎず、ふざけすぎず、懸命に挨拶をしていきましょう。

忘年会 料理

 

忘年会での新人の挨拶・例文

うまく挨拶するコツ

原稿を作り、その通りに話そうとして、丸覚えしないほうがいいです。

例文を見て、使えるところだけをメモしておいて、話す方がいいです。

そして、事前に練習しておくことをおすすめします。

練習では、原稿を読むのではなくて、要点だけを頭に置いて話すようにすると、
実際の忘年会の時に、内容がとんでわからなくなるなんてことにならないと思います。

どんなことを言って良いのか、例文があった方がよりわかりやすいと思いますので紹介します。

挨拶の例文

「今年入社しました○○です。

4月から今まで、様子がよくわからない私に、たくさんの先輩方からご指導いただき本当にありがとうございます。

ここまでこれたのも、皆様のお蔭と感謝しております。

忘年会に参加させていただくのは初めてです。

忘年会の時の大切なこともご指導いただきますよう御願い致します。

仕事の方ですが、できるだけ早く1人立ちできるようにがんばって参りますので、これからもよろしくお願いします。」

「今年入社しました○○です。

今、非常に今緊張していて、頭の中が真っ白です。

頑張ってご挨拶させていただきます。

入社して以来、先輩方に教えていただいたり、フォローしたりしていただきまして、ありがとうございました。

来年からは少しでも先輩方や会社に貢献できるよう、教わったことを生かして頑張りたいと思っています。

来年も引き続きよろしくお願いします!」

「今年入社しました○○です。

私は新入りで、まだまだ仕事を覚えるのに必死です。

こんな私に、丁寧に仕事を教えていただきました先輩方、本当にありがとうございます。

私は、1日でも速く、第一線でお客様と接する最前線の皆様のサポートができるようなりたいと思っています。

同僚がいないので少し不安になることもありますが、今後、先輩方の教えを自分に取り入れて成長していけるように頑張って行きます。

何かとご迷惑をおかけすることもありますが、今後ともよろしくお願いいたします。」

「今年入社しました○○です。

入社して以来、この9ケ月間はあっという間だったように思います。

すべて初めてのものばかりで、仕事を覚える事に必死でしたが、皆様の温かいご指導のおかげで何とか無事に過ごせたと嬉しく思っております。

本当にありがとうございました。

来年も引き続きよろしくお願いします。」

「今年4月に入社した○○部の○○○○です(と申します)。

今年は先輩方に教わったり、フォローしていただいたりすることが多く、ご迷惑をおかけする一方でしたが、来年からは少しでも先輩方や会社に貢献できるよう、教わったことを生かして頑張りたいと思っています。

来年も引き続きよろしくお願いします。」


スポンサードリンク

忘年会の新人が宴会の席でお酌をするとき

忘年会の席で、挨拶や乾杯が終わった後は、食事や歓談の時間です。

この時に、社員の皆さんにお酌に回ってごあいさつしますと、自分の顔と名前を覚えていただけます。

回っていくのは、食事が始まって少ししてからか30分位してからです。

ゲームや余興の時間もありますので、幹事さんに聞いておくといいですね。

一人で回っていくとなると、ちょっとした勇気がいります。

そんな時は、同年代の先輩についてきてもらうと、

相手のことを教えていただけますし、紹介してもらえますのでいいと思います。

まとめ

忘年会の時の新人としての挨拶は、その会社にいる間で1回だけですね。

その貴重な1回の挨拶に向けて、楽しんで取り組んでください。

当日の成功をお祈りしております。

忘年会の関係はこちらでも紹介しています。

忘年会のリンク集です。

是非ご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP