忘年会のお店選びは「お尋ねすること」から始めましょう

忘年会の幹事を任されたのですね。

「なんで私が・・・」と、いっぱいいっぱいの気持ちもありますね。

でも、ちょっと考えてみましょう。

誰でもいいというわけではないのです。

きっと、あなただからこそ任されたのです

私から、

忘年会のお店選びは「お尋ねすること」から始めましょう

として、お店選びのコツをお伝えします。

スポンサードリンク

忘年会のお店選びは慌てない!!

忘年会の幹事を任されたあなた。

早速、スマホをつかんで、お店サイトに行き、

近くのお店の検索!???

値段は!???

「ちょっと、待ったーーーーーっ!!。」

大きな勘違いをしていませんか。

忘年会には、

会社のやり方、今までの流れ

というものがあるのです。

そこは、外せません。

「そんなこと言っても、それまでのことは、わかりません。」

そうですね。

ですから、会社のわかる人に聞きましょう。


スポンサードリンク

忘年会のお店選びは誰に聞く!?

今までのことは、いったいどなたに尋ねたらいいのでしょうか。

忘年会の「幹事」をされた方

忘年会の幹事をされた方なら、ものすごい経験をされていることでしょう。

昨年の忘年会に携わられた方にお伺いしましょう。

もし、その方がおられなければ、一昨年度の方ですね。

きちんとアポをとり、ケーキなどをお持ちしてお伺いしましょう。

いきなりではなくて、「昨年の忘年会お疲れさまでした。」から始めて、

「印象に残ったことは、何ですか?」
「困ったことはありませんでしたか。もしあれば教えてください。」

といったことから、お聞きしましょう。

幹事の方は、昨年のことを思い出して、いろいろとお話ししていただけることでしょう。

そして、「忘年会で、気を付けること。」や

「どんなお店で」

「どれくらいの予算で」

「余興はどんなことをされたか」

などと、訪ねると、どんどん教えてくださることでしょう。

しっかりとメモをしましょう。

終わりましたら、丁寧にお礼を申し上げることもとても大切です。

忘年会に参加される方で一番エライ方

実は、忘年会の幹事になって、このエライ方へのご挨拶を抜かしてしますことがあるのですね。

当日、スムーズに流れて終了すればいいのですが、何かあった場合には、挨拶をしておくのとしておかないのでは、すごく違いが出ます。

きちんとご挨拶をさせていただきましょう。

そのあとで、

「どのようなお店で行えばよろしいでしょうか。」

「日時は、いつ頃がよろしいでしょうか。」

とお聞きしましょう。

忘年会のお店選びでは、必ず下見をしましょう!

いろいろな方に相談しながら、お店の候補が2つ3つと決まりましたら。

必ず、「下見」に行きましょう。

昨年と同じお店であっても、ちゃんと行きましょう。

忘年会のお店選びの下見のチェックポイント

まず、昨年の幹事さんに聞いておいた本番の流れをシュミレートしながら進めましょう。

ポイント

〇 部屋は、個室に近くて、全体の一体感が取れるか

〇 部屋の広さ(人数、余興の場所、受付の場所)(ゆったりすれば、男性はもちろん女性もくつろげますね)

〇 上座はきちんとしてるか

〇 仕切りの確認(天井の下や、畳の上などが開いていると他の客の声がうるさくなります)

いくつかの店を回ったら、決定です。

今までの幹事さんに相談するのもいいですね。

でも、決めるのは、今年の幹事のあなたです。

このことを、肝に銘じて、決定しましょう。

忘年会のお店選びの下見で欠かせない料理選び

まずは、予算から

昨年度の様子から、会費を設定しましょう。そして、

「会費全額」-「余興の費用」=「個々の飲食代」とざっくり計算したら、

「コースメニュー」「飲み放題」を活用して料理を決めましょう。

お店によっては、コースメニューでも、要望を取り入れていただけるところもありますので、ぜひ聞いてみましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

その立場の方々にキチンと尋ねてお伺いすることは、「急がば回れ」の故事のとおりとても大切です。

皆さんに大いに楽しんでいただける忘年会にするための一歩ですね。

やりがいのある仕事です。

頑張ってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP