忘年会の乾杯のときの挨拶のコツと例文!響きのある「乾杯」を

忘年会の季節が近づいてきました。

幹事から、乾杯の挨拶をしてください。とお願いされることがあります。

私から、忘年会の乾杯のときの挨拶の例文を紹介します。

スポンサードリンク

忘年会の乾杯の挨拶

忘年会の時の流れをみますと、

開会の挨拶

上司の挨拶

乾杯

あるいは、固苦しくならないようにと言うことで

開会の挨拶

乾杯

上司の挨拶

という流れの場合もあります。

上司の挨拶は、事前に依頼されますので、忘年会の前から準備することができます。

でも、乾杯は、当日になって忘年会の前に依頼されることがありますね。

幹事が、乾杯を依頼するのは、その会の偉い順の3番目といわれています。

乾杯をしないといけなくなりそうだと思われる方は、是非ご覧ください。


スポンサードリンク

乾杯のコツと例文

乾杯のコツ

乾杯の前の挨拶は、短めにすること。

会場全体で乾杯をそろえていくためには、挨拶を終えた後、乾杯の前に「それでは」という一言を入れることです。

乾杯の例文

「皆さんお疲れさまです。今年もあとわずかですが、今日の忘年会で元気を回復して来年また楽しくやりましょう! それでは 乾杯!」
「皆さんお疲れ様でした。目標を達成することができたのも皆さんのおかげです。今日はしっかり飲んで歌って楽しくやりましょう! それでは 乾杯!」
「みなさんお疲れ様でした。皆さんに頑張ってもらった1年でしたが、残念ながら、実績が十分には上がったとはいえない状況で終わりそうです。
この悔しさをバネに、来年は皆さんで力を合わせて挽回していきましょう! それでは 乾杯!」

忘年会 料理

 

まとめ

忘年会の乾杯は、場が盛り上がる大切な瞬間です。

大きな声ではっきりと発声して会場全体にあなたの声を響かせてください。

忘年会の関係はこちらでも紹介しています。

忘年会のリンク集です。

是非ご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP