忘年会でのビンゴゲームの景品の選び方や司会進行のコツ・例文

忘年会がはじまり、挨拶・乾杯の後は、食事や歓談ですね。

その後、満を持して登場するのがビンゴゲームです。

忘年会で楽しむゲームは、他にもたくさんあるのですが、

ほとんど説明することなく盛り上がれるゲームは他にはありません。たくさんの皆さんに愛されています。

ですから、忘年会の幹事さんや司会者は、景品などの準備や司会の進行の工夫のし甲斐が有ります。

そこで、わたしから、忘年会でのビンゴゲームの景品の選び方や司会進行のコツ・例文をお伝えします。

スポンサードリンク

忘年会でのビンゴゲームの景品や準備

景品の選び方

ところで、

「じゃんけんゲーム」もすごく盛り上がりますね。

自力勝負ですから、「気合い」が入ります。

一方、

ビンゴゲーム」は、自分では、数字は出せません。

ですから、「他力勝負」といえます。

「ヤッター、ビ・ン・ゴォー!」「次、10、10が来てくれよぉ。」と心から「願い」ます。

その願いを、強く大きくするのが、「景品」です。

一番いい景品が、10万円もしようものなら、参加者の目が血走ります。

実際には、予算の関係で、そこまではいかないのですが、忘年会によってはかなりいい景品がでます。

このようにみてきますと、ビンゴゲームを盛り上げる一番の要素は、景品ですね。

幹事さんは、景品選びに命をかけましょう(?)。

では、どのような物がいいのでしょうか。

参加者の年齢構成や性別によっても違いますが、

電化製品、金券、旅行チケット、有名店のお食事券などが人気ランキングの上位に入ります。

女性が多い職場(20~30代)では、美容機器やアクセサリーもリストに入れましょう。

買い物が可能な場所としては、ヨドバシカメラ・ロフト・東急ハンズ・百貨店などがあります。

また、ネットの、「楽天市場」では、62800円で景品20点セットがあります。

また、多人数用15点以上セットも、予算に応じて選ぶことができます。

さらに30点以上のセットもあります。

低予算の場合には、100円ショップで、楽しんで選ぶのもいいですね。

当日の準備

ビンゴゲームにまず無くてはならないのが、ビンゴマシンです。

紹介します。
この商品は、ゲージが14cmと大きく忘年会向きです。ビンゴカードが30枚ついていてすぐに使えます。

ビンゴカードの追加です。みるだけで楽しくなるディズニーのものもあります。

出た番号がわかるようにしておくために、ホワイトボードや模造紙、そして、太字のマジック(水性か油性)なども用意しておきましょう。

使い終わったビンゴカードを集めておくビニール袋も、いくつか用意しておきましょう。


スポンサードリンク

忘年会でのビンゴゲームの司会進行のコツと例文

コツは大きな声でテンポ良く進めること

司会のはじめの言葉は、

「大変お待たせいたしました。それではこれより恒例の年忘れゲーム大会に参りたいと思います。今年は例年よりも豪華な賞品を沢山取り揃えております。皆さん張り切ってご参加下さい。」

です。

ところで、ビンゴゲームに参加されている皆さんが一番知りたいことは何でしょうか。

景品のこともありますが、一番は、「番号」ですね。

ですから、ビンゴゲームに一番必要なのは、「番号」がはっきりとわかる大きな声と掲示です。

番号を読み上げる人は、大きな声で言いましょう。

何回もいうと「おそいっ!」といわれそうなので、テンポ良く「3回」言いましょう。

出た番号がわかるようにしておくために、ホワイトボードや模造紙、そして、太字のマジックなども用意しておきましょう。

リーチの人には前に出てきてもらう

ビンゴゲームをやっていると、「ビ・ン・ゴォー」となったときに、前に出て行くのが、かっこよくてうれしいですね。

でも、前に出てきていただいてから、景品を渡すまでに、少し時間がかかってしまいますね。

そこで、「リーチ」になった時に、前に出てきてもらいましょう。

きっと、ビンゴへのドキドキ感が一杯になってより楽しめると思います。

ビンゴになった方全員に「ビンゴー、○○さんです。」と大きな声でお祝いしましょう。

ˆùŽð04

 

役割分担

ビンゴゲームを、テンポ良く進めて行くためには、司会の進め方にもよりますが、数人で分担することが必要です。

では、どんな係があるのでしょうか。

司会

ゲームをテンポ良く進めます。「はちばーん。」と「番号」を大きな声で言います。

 

ビンゴマシンを回す人

速すぎず、遅すぎず、回して番号のボールを司会にわたします。

 

番号を記録する人

ホワイトボードや模造紙にマジックではっきりと書いていきます。

 

チェックして景品を渡す人

持ってこられたカードと番号をチェックして、景品を渡します。この係は、何人いても余ることはありません。

 

終わりの言葉

「さて、これで用意した景品をすべてお渡しすることができました。

皆様のご協力のおかげです。本当にありがとうございました。

これにて、ビンゴゲームを終わります。」

まとめ

ビンゴゲームは、子どもから年配の方まで、幅広く楽しんでいただけるゲームといえます。

ですからこそ、景品などの準備をしっかりとしていきたいものです。

ところで、用意する景品の数ですが、私は、参加者全員の分が必要と思います。

お一人お一人が景品を受け取ることができることがいいです。

でも、景品が増えれば増えるほど、ゲームにかかる時間が延びてしまうことがあります。

時間内に終わらせる裏ワザがあります。

それは、ビンゴカードを、一人2枚にすることです。

1枚よりも2枚の方が、ビンゴになりやすくなり、うれしさも増えて、時間の短縮になります。

忘年会の関係はこちらでも紹介しています。

忘年会のリンク集です。

是非ご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP