眠気対策に効果のある飲み物に含まれるカフェインのメリット・デメリットとは

昼間の会議が眠い、眠い

手や足を動かしても、ツボを押してもダメ。

コーヒーは飲みましたか。

えっ。あまり効果がなかったって!

コーヒーって眠気にはあまり効果がないんじゃないかって。

コーヒーなどに含まれるカフェインってちゃんと効果があるんですよ。

眠気対策に良い飲み物やその中に含まれるカフェインのメリット デメリットについてお伝えします。

スポンサードリンク

眠気対策に良い飲み物はどれ

眠気対策に効果のある飲み物と言えば、やはりカフェインを含んだ飲み物ですね。

カフェインの含まれる量で、飲み物を発表します。

眠気に効く飲み物ランキンーーーーグ

ジャカジャーーーーン

第6位は、「コーラ (500 ml)」です。1杯当たりのカフェインの量は50mgです。

コーラ

第5位は、「栄養ドリンク (100 ml)」です。68mgです。

第4位は、「コーヒー (インスタント)(150 ml)」です。68mgです。

第3位は、「コーヒー (ドリップ)(150 ml)」です。135mgです。

いよいよ

第2位は、「コーヒー (エスプレッソ)(50 ml)」です。140mgです。

さて、最後になりました。

第1位は、ダダダダダーーーン

玉露 (150 ml)です、1杯当たりのカフェインの量は150mgもあります。

お茶 1

いかがでしょうか。

あなたの予想は当たりましたか。

意外にも玉露が一番カフェインを含んでいるのです。

では、眠気覚ましに必要なカフェインの量はどれくらいと思いますか。

それは、250~300mg程度といわれています。

ですから、コーヒーや玉露を2杯~3杯飲むことによって眠気覚ましの効果があるといえます。

他にも、

ハーブティー、

生姜湯、

ココア

チョコレート飲料

と言った飲み物が効果的といえます。

ハーブティー

眠気対策の飲み物に含まれるカフェインのこと

 

カフェインのことをあまり頼りにしていないようですね。

では、カフェインの長所、つまりメリットをお伝えします。

カフェインの主な作用として『覚醒作用』があります。

この覚醒作用とは、大脳の精神機能を高めて、感覚や知能活動を敏感にしたり、疲労感を解消するという作用です。

スポンサードリンク

つまり、カフェインが脳の働きを活発にし、集中力を高めるというわけです。

具体的には、テストの対策で答えを丸暗記しないといけないときには、カフェインが記憶力アップにつながると言うことなのです。

また、疲労回復にも効果があります。

一方、カフェインの短所、つまりデメリット

ヒトの体には、睡眠・覚醒周期など、生体の日内リズムや内分泌系を制御する働きを持つホルモンがあります。

それはメラトニンです。

カフェインは、このメラトニンを減らしてしまうといわれています。

減ってくると体のリズムが乱れることがあります。

寝る前にコーヒーを飲み過ぎると眠れなくなることがあるのはこのせいです。

寝る前は、番茶や玄米茶がいいです。

また、緑茶やコーヒーに含まれるカフェインが妊婦の早産や低体重児出産や流産が起こりやすくなるという報告もあります。

ですから、女性の妊娠中のカフェインにはすごく注意が必要となっています。

コーヒー好きな妊婦さんは、デカフェタイプのカフェインレスコーヒーを購入するといいでしょう。

どれくらいの量までカフェインを摂っていいのかは、主治医の先生と相談するといいですね。

コーヒー 1

眠気対策のためにカフェインの入った飲み物を効果的に飲む方法

 

コーヒーや玉露に含まれるカフェインには、覚醒作用があり暗記学習に効果があることや、疲労回復にも良いことがわかりました。

じゃあ、がぶかぶと飲めばいいのでしょうか。

いえいえ、カフェインの特徴から、効果的な飲み方があります。

会議で眠くて眠くて仕方のなかったあなたにお伝えします。

コーヒーなどを飲んでからカフェインが体に作用して眠くなりにくくなるのは、30分~1時間後です。

ですから、これからのあなたは、会議の1時間前に2~3杯のコーヒーを飲むと効果があるということです。

「じゃあ、1日の中でコーヒーを飲むと良い時間ってあるの?」って。

実は、あります。

体がだるくなってくる時間のことを考えると、

9時半~11時半

13時

が効果的です。

いいですか。

一方、飲まない方が良い時間もありますよ。

それは、寝る1時間前です。

寝る前に飲むと、あなたの睡眠が浅くなり十分に疲れがとれなくなることもあります。

まとめ

眠気で困っていたあなた。

これで、会議は何とかなりそうですね。

でも、あと一つ気をつけておかないといけないのが、コーヒーなどのカフェインの入った飲み物の飲み過ぎです。

毎日飲んでいると約1週間から12日くらいで、体にカフェインに対する耐性ができます。効きにくくなると言うことです。

そうなると、効果はかなり薄れてしまうことがあります。

ですから、コーヒーなどのカフェインの入った飲み物は、毎日というよりかは、時折楽しんでおいて、ここぞと言う時にうまく飲むようにするといいですね。

車の運転中の眠気対策として

高速道路の眠気対策 眠気の原因とチェックリスト

高速道路の眠気対策 飲酒よりも危険な睡眠不足

高速道路での眠気対策 居眠り運転しない 眠りの法則を知る

についてお伝えしていますのでよろしければご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP