みなとこうべ海上花火大会2015 おすすめの場所ははここ!

みなとこうべ海上花火大会は、海から花火が上がるので他とは違ってすばらしい花火です。

みなとこうべ海上花火大会2015のおすすめの場所をお伝えします。

スポンサードリンク

みなとこうべ海上花火大会2015の日程

日程:2015年8月8日(土)※雨決行、荒天中止

時間:午後7時30分から8時30分

会場:神戸港(新港突堤~メリケンパーク沖の台船上から打ち上げ)

打上数:約10,000発

人出:約28万人 駐車場:花火大会用は無し

みなとこうべ海上花火大会の魅力

みなとこうべ海上花火大会は、

「関西の人気花火大会ランキング」で第2位

「関西の行ってみたい花火大会ランキング」では、

なんと第1位になっている兵庫県最大の花火大会です。

神戸が誇る1000万ドルの夜景をバックにメリケンパークの沖合から打ち上がります。

約1万発の花火が夜空はもちろん水面にも映し出されます。

水上スターマイン・仕掛け花火・斜め打ちの花火。そして、圧巻のフィナーレをみたらもう、言葉がありませんね。

しかも、その豪華な花火が、

ベイエリアからも、

クルーズからも、

山や高台などからも十分に楽しめるのがこの花火です。

こんなことを聞くと、ますます行ってみたくなりますね。

では、どこで見たらいいのかをお伝えします。

花火 7

 みなとこうべ海上花火大会2015 おすすめの場所

メリケンパークやハーバーランドなどが、メイン会場になっています。

指定された観覧場所はいくつかありますが、そうしたよく見えるところには、たくさんの人が集まりますので、とても混雑します。

そこで、混雑を避けてみなとこうべ花火大会を見る穴場スポットをいくつか紹介します。

穴場スポット Ⅰ:ポーアイしおさい公園(ポートアイランド西公園)

最寄り駅:ポートライナーで中公園駅 西へ徒歩7分

すばらしい夜景スポットで、ポートタワー・モザイク・関西電力ビル等を中心とした夜景を遠めに眺めることが出来ます。

トイレは綺麗で、電気も自動でつきます。

公園内は、明るいと感じるぐらい照明があります。ベンチはもちろん、小さい風力発電機、やしの木などもあります。

とてもいいポイントなのですが、それ故、シャトルバスのお客さんが多数来て混雑します。

穴場スポット Ⅱ:ポートアイランド北公園

最寄り駅:中公園駅より北へ徒歩8分

スポンサードリンク

公園敷地内にトイレが全部で2ヶ所あり、とても整備されていて綺麗で女性の方も安心して利用できます。

レストランや売店などの施設はありませんが、自動販売機は何箇所か設置されています。

色とりどりのイルミネーションに包まれた神戸の街の夜景が海面に光が反射してとても美しい夜景の景色が広がって幻想的です。

穴場スポット Ⅱ:新港第4突堤から第3・2突堤を繋ぐ道路

最寄り駅:ポートターミナル駅

人が少なくて快適に花火大会を楽しめます。でも、防波堤が目の前にあるためにスターマインなど低い花火が全く見えません。

穴場スポット Ⅳ:神戸布引ハーブ園

アクセス:JR神戸線「三ノ宮駅」から地下鉄「新神戸駅」~徒歩5分~神戸布引ロープウェイ約10分「ハーブ園山頂駅」すぐ

約400メートルの高さから見る花火はとてもロマンチックです。

行くときには、混雑を避けるには、15時頃から行ってください。

ちょっとゆったりと花火を見るポイントは

ロープウェイの下部の入り口でおりてすぐの広場。

または、その広場からメイン通りで登って直ぐ右手の広場がいいです。

みなとこうべ海上花火大会2015 裏ワザ

兵庫県を代表する花火大会で約28万人もの人が集まるわけですから、普通に考えていると、大変な事になります。

いくつかの裏ワザをお伝えします。

場所取りの裏ワザ

花火を見るポイントには、遅くとも1時間半前にはついておく。

帰りの切符の裏ワザ

行きで電車を降りたら、帰りの切符をすぐに買っておく。

帰りの混み方は、満員電車の比ではありません。

帰りの裏ワザ

花火大会の終了前に帰る。

ゆっくりとして、人混みがすいてから帰る。

トイレの裏ワザ

駅やお店で済ませておく。ビールは控えめに。

 

食べ物・飲み物の裏ワザ

食べ物・飲み物は現地では買わない。売り切れている場合があります。

まとめ

これだけたくさんの方を魅了するみなとこうべ海上花火大会です。すばらしくないわけはありません。

今年は、是非見に行かれてください。

そして、すばらしい思い出にするには、事故なく安全に帰宅されることと思います。

よい思い出になりますように・・・。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP