PTAの挨拶で講演会の閉会の時の言葉は?例文は?練習は?

PTAのお仕事は大変ですね。本当にお疲れ様です。

今回の、PTA主催の講演会で閉会の挨拶という大仕事を前に、本当に悩んでおられると思います。

「挨拶なんてめっちゃ苦手!!」「やったことないーっ!」なんて言っておられませんか。

でも、大丈夫です。

私から、

PTAの挨拶で講演会の閉会の時の言葉は?例文は?練習は?

として、ポイントや、練習の仕方や、例文を、お伝えします。

スポンサードリンク

PTA講演会の閉会の挨拶で一番大切なことは?

講演内容をよく聞きましょう

今回の講演会には、講師の先生にわざわざお越しいただいてお話をしていただくわけですね。

その講師先生が一番お喜びになられるのは、どのようなことでしょうか。

それは、参加者からの感想で、今回の講演が役に立ったとか、感激したなどと言われた時ではないでしょうか。

講師の先生に、「この学校に来てよかった。」「ここで、皆さんに話してよかった。」と思っていただけることではないでしょうか。

ですから、講演の後の閉会の挨拶の時には、講演内容の感想を入れることがとても大切ですし、

そのためには、しっかりと聞いて、必要ならメモを取っておくようにしたいですね。

挨拶の流れをまとまりで覚えておきましょう

挨拶では、言葉を一字一句覚えようなんてしても覚えられるものではありません。

次に、お伝えするようにまとまりで覚えるようにしましょう。

自己紹介

講演の内容について

来賓への挨拶

関係者への謝辞

今後に向けて

PTA講演会の閉会の挨拶の準備は、書いて、練習です

まずは、書いてみましょう

次の章で、挨拶の例文をお伝えしますので、まずご覧ください。

例文は、2種類用意しました。

一つ目は、少し堅苦しい感じですが、参加されている方々へ必要な場合もありますね。

二つ目は、明るい感じです。

まず、どちらかにしてください。

そして、まとまりの項目を書きだしましょう。

次に、あなたが読んでみて、「うん、なるほど」というところだけ抜き出して書いてみましょう。

あなたが選んだのですから、これは、もうあなたの言葉になりますね。

空いているところを、例文を参考にして、あなたの言葉で書き込んでいきましょう。

練習は、やっぱり声に出して

挨拶文があなたの言葉で仕上がったら、練習です。

3日前くらいから、始めるといいです。毎日ですよ。3回くらいかな。

ご家族の方に「今から練習するよ」と声をかけましょう。

まとまりの内容は、途中で切らずに一気に読みましょう。

はじめは、小さな声で、だんだん大きくできたらいいですね。

これで、大丈夫です。

そして、肝心なことは、本番はどうするの?ってことですね。

原稿をもっていってもいいし、メモとして持って行ってもいいです。

本番では、読みながら挨拶しても大丈夫です。

でも、ずっと原稿やメモを見たままでは、ちょっとね。

テレビのアナウンサーがやっているように、

原稿をみながらでも、時々は、顔を上げて正面を向くようにするといいですね。

さあ、頑張ってください。


スポンサードリンク

PTA講演会の閉会の挨拶の例文

堅苦しい感じ

私、○○小学校PTAの○○(役職)の○○(あなたの名前)と申します。
閉会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。

本日、ご講演いただきました○○先生には、大変有意義なお話を頂き、まことにありがとうございました。
子どもたちが一生懸命に頑張っていることをしっかりととらえることや、子ども達の想いに寄り添うことなど、とても大切なことをご指導いただきました。

本日お集まりの保護者の方々の今後の参考になりますれば、この上ない幸せかと存じます。(できれば、2,3発表に対する感想を述べる)

本日ご臨席を賜りましたご来賓の皆様方、まことにありがとうございました。
今後とも、わたくしどもPTA活動に対しまして、ご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

また、本日の講演会のためにご準備いただきました○○委員会の方々、ありがとうございました。

最後になりましたが、本日ご参集の皆様方及びご家族の皆様方のご多幸をお祈り申し上げ、私のご挨拶とさせていただきます。

本日は本当にありがとうございました。

明るい感じ

私は、○○小学校PTAの○○の○○と申します。
今日の講演会の閉会のご挨拶をさせていただきます。

〇〇先生、本日はお忙しいところ本当にありがとうございました。
私は、お話いただいた中の、子どもの心に寄り添うということや、子どものサインを見逃さないということなど大変勉強になりました。
私と同じように、いや、私以上に、先生のお話からたくさんのことを学ばせていただいた保護者の皆さんがたくさんおられることと思います。
日々の子育てで心が折れそうになっておられる方も先生のお話から、たくさんの勇気をいただいたこと思います。
今日、家に帰って子どもとゆっくり過ごしてみたいと思います。

来賓の皆様、ご多用の中ご出席いただきましてありがとうございました。

また、今回の講演会の準備をしていただいた委員会の皆様、本当にお疲れさまでした。

今日話された事をこれからの子育てにしっかり役立たせて行きたいと思います。

ありがとうございました。

まとめ

例文を読んで、自分の言葉として書いてみると、ちょっとは、安心できませんか。

本番で、原稿と違うことを話しても、抜かしてしまっても、気が付いているのは、あなただけ。

周りの人は、誰も気が付きませんよ。

さあ、あなたの素敵な声で、会場に講師の先生や会場の皆様に感謝の気持ちを響かせましょう

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP