バーベキュー入門!マナーはこれです知っておいてください

良い季節になってくると、
「バーベキューが、したーーーいっ。」
と、叫んでいるあなた。

やりたいですよね。
ご家族や友人と一緒に、外の気持ちの良いところで・・・。

じゃあやりましょう。

えっ、「やったことない。」ですって、
「前やったけど、火がつくのに時間がかかった。」ですって、
「こんどやるんやったら,絶対に失敗したくなーーーい。」
そりゃそうでしょ。

そこで、そんなあなたのために、バーベキューの私のノウハウを
余すところなくお伝えします。

まずはバーベキュー入門!マナーはこれです知っておいてくださいです。

しっかりと、読んで

「めっちゃ、上手やん!!!。」といわれるようなプロになりましょう。

スポンサードリンク

バーベキューのマナーをしっかり守ってプロになろう

 

バーベキューのマナーにはいくつかあります。

 

その1 危険な火をしっかり扱おう

は、とっても危険なものです。

危険なものだからこそ、ええかげんにせずしっかりと扱う

このことを、よーく頭に入れておいてください。

 

やけどがこわい

バーベキューの時のやけどとしては、

炭に火がついていくときの、 『パチッ』とはじけたときに、火の粉が飛んできてやけどするときがあります。。

ですから、小さいお子さんは、バーベキューコンロの近くには絶対に近づけません

それと、バーベキューコンロに途中で炭を補充するときなどに、不用意に熱い網に素手で触ったときです。

触った人が、熱い思いをするのは仕方がないのですが、その時に、手から急に網を放した場合がとても危険です。
必ず、軍手をするようにしましょう

また、終わった後に、炭を捨てた場合の延焼です。

スポンサードリンク

これは、本当にとんでもないことです。

BBQ 5

その2 洗い物は家でしよう

その時使った食器などは、 川の水や近くの水道を使って洗うようなことはしません。

ティッシュなどで軽く汚れを拭き取って、 洗うのは、家に帰ってからにしましょう

また、あらかじめ、食器を汚さないように、 食器にラップを敷いておくのも良いですね。

 

その3 ゴミの始末で人の心がわかります

ゴミは、必ず持ち帰ります

こんな光景を見ました。

我が家が、バーベキューを終えて片付けをして帰ろうとしているときに、 お隣の家族も片付けをされていました。

その方は、ゴミをきちんと袋に入れて、 帰るときには他の道具と一緒にもっておられました。

しかし、途中にゴミを捨てているところがあり、 そこまでくると持っていたゴミを捨てて行かれました。

すごく残念な気持ちでした。

以上のマナーをしっかり守って・・・。

BBQ 4

バーベキューやコンロのことは

バーベキューとバーベキューコンロのリンク集でもお伝えしています。

よろしければご覧ください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP