バーベキューの食材と量の目安はどれくらい?おもしろ食材も

バーベキューって本当に楽しいですね。

でも、バーベキューをいざやるとなると、用意する食材はどんな物がいいのかとか、食材の量って本当はどれくらいがいいのか気になるところですね。

以前から、良くバーベキューをやっていて、量はこれくらいだろうと、おおざっぱにやっていたのです。

でも、余ったり足りなくなったりすることがありましたので、それ以来いろいろと考えて購入するようにしました。

その結果、わかってきたことがありますのでお伝えします。

スポンサードリンク

バーベキューのメニューを工夫して楽しくやりましょう

バーベキュー 10

バーベキューと言えば、お肉を焼いて食べることと考えておられる方が多いですね。

でも、お肉は、ちょっと苦手。という方がおられますね。

いろいろな食材を用意してメニューを豊富にして楽しく盛り上がるようにしませんか。

ですから、バーベキューのメニューについても考えて見ましょう。

 

余興(前菜など)炭がいこって肉をしっかりと焼くようになる前に、食べるものを用意しましょう。

 

定番のお肉です。お肉の種類やたれや調味料を工夫するのもいいですね。

 

海の食材 シーフードも用意しましょう。

 

ほっと一息する野菜もいいですね。

 

最後に、デザートを用意しましょう。結構受けますよ。

アウトドアバーベキュー12

バーベキューのメニューの量はどれくらいでいいの?

 

まず、余興として、はじめに盛り上がるものといえば、

夏は、そうめんがいいです。

大きめの鍋と水と水切りのざる。そして、多めの氷を用意してみましょう。

そうめんのつゆは、今は、すごく美味しいものがたくさんあります。

カツオだしが良く効いているのが美味しいです。

薬味は、刻みネギ、椎茸、わさび、生姜、みょうが、と手に入りやすいものばかりです。

紙のお椀と割り箸も用意しましょう。

 

一度やって見てください。量は2人で1束くらいでいいです。後がありますからね。

 

次は、お肉です。

 

牛肉、豚肉、鶏肉、ソーセージがだいたいの定番ですね。そこで、ちょっとバリエーションを出すとすれば、たれですね。

よく見かけるのは、甘口と辛口の大きなボトルに入ったたれを用意しているのを見かけますが、

わたしは、いろいろな種類のたれを小さいボトルで用意します

それだけで、5~6種類くらいはありますね。

それに、バター、しょうゆ、塩、塩こしょう、ケチャップ、味の素、中華だし、そして、おろしニンニクも用意します。

この調味料がいろいろとあるだけでも、

いろいろな味付けを楽しめるので結構盛り上がります。

そうだ、これをお伝えしなくては・・・。

「大根おろしにしょうゆ」が、かなり人気がありました。

一度試してみてください。喜ばれますよ。

 

それと、私が作ったのではないですが、とても美味しかったので紹介します。

豚肉のワイン煮込みです

作り方は、豚肉の塊と一緒に、野菜・きのこ・じゃがいもを用意して、赤ワイン 1/2ボトル+醤油同量入れて1時間半程度煮込むのだそうです。

かなり美味しかったですよ。

 

それと、購入するお肉の量なのですが、

私は、スーパーのお肉ではなくて、お肉やさんにいって買います。

お店の方に人数を言うと、それにあった量を教えてくれますが、

私は、それの7割位を購入していました。

お店の方の言うとおりにしたときには、ちょっと余ってしまったことがあったので・・・。

このことを、友人に話しましたら、大人一人200g 子どもは一人100gが目安としていいよ。

と教えてくれましたので、今では、それを目安に購入しています。

ちょうどいい量です。是非目安にしてください。

 

そして、シーフードです。

味を付け込んだマグロのカマなんて言うのも、家ではなかなかできないので美味しいです。

スポンサードリンク

また、食べるのにちょっと手間がかかりますが、少し大きめの殻付きのえびはいかがですか。岩塩を振っていただきましょう。

焼きハマグリハマグリやホタテ貝も美味しいですね。塩抜き様の塩とボウルを用意しておいてください。

 

購入する目安としては、大きな貝やエビは、一人2個くらい、サンマやひものは2人で1匹くらいですね。

 

野菜は、切ってそのまま焼いても、美味しいのですが、アルミホイルを使うと、また違った風味や味が楽しめます。

アルミホイルで蒸し焼きにするものは、タマネギです。キノコと一緒に、塩、こしょう、バター、しょうゆなどで味付けします。穴が開かないように包んだら、焼き網の上にのせます。

15分から20分程度で、野菜に火が通れば完成です。

お好みで、サーモンや白身魚、アサリなどを一緒にいれてもおいしいです。

 

じゃがいも、さつまいも、ナス、玉ねぎなどは、アルミホイルにくるんで、炭の中に入れて焼くと美味しいですよ。やけどに気をつけてください。

なす、とうもろこし、ピーマン、ししとう、唐辛子、シイタケ、キノコ類なども焼くと美味しさがましますね。

 

最近、妻がはまっているのが、トマト焼きです。美味しそうに食べています。

 

私が最近はまっているのが、長ネギ焼きです。

自宅のガスレンジでは味わえない甘さが格別です。

とても簡単ですよ。長ネギをぶつ切りにして焼くだけです、外側の皮も美味しいのですが、妻は外側は食べていません。

 

野菜を購入するときには、本当におおざっぱなのですが、2~3人で、1本や1個として購入しています。

 

盛り上がるデザートは、

私は、以前は、デザートなんで考えていませんでした。

友人がやっていて、美味しいし楽しいしということで私もはじめました。

 

焼きリンゴ

リンゴを焼いて、スライスにして、チョコレートのふりかけを持っていってパッパッと振りかけて、はい、どうぞ。

 

即席チョコバナナ

アルミホイルにバナナとチョコを入れて、灰の中へ。とろりとしたおいしいチョコバナナができます。

 

焼きマシュマロ

マシュマロを竹串にさして、直火でちょっとあぶると・・・。

これが、クリームみたいになってかなりいけます。

 

分量は、少なめにしておいて、「もうちょっと食べたいなあ」くらいがちょうどいいです。

 

バーベキューの食材の買い出しのコツ

 

「バーべキューをするぞーーーっ」って声を掛けるのは、いつも私。

あるときは、河川敷で、また、あるときは家の庭で美味しくいただいています。

 

もちろん、買い出しも私。

そんな私が、何度かの失敗の結果、わかってきたことがあります。

 

それは、まず、おなかのすいた時、お昼前とかには、買い出しに行かない。お昼ご飯の後に買いに行きます。

おなかがすいた時には、何でもかんでも買ってしまいますが、おなかがふくれていると、冷静に考えて買い物ができます。

お昼にバーベキューをするときには、おやつを食べてからいきます。

 

買う量は、今までお話ししてきたような感じですが、

あれもこれもと買っていると、わからなくなりますので、

おおざっぱですが、10人分の買い物は、買い物かご2つ分にしています。

ですから、5人分ですと、1かごにしています。

これですと、だいたいで余ることはありません。

ちょっと足りないなあと言うときの裏ワザは、切り餅、缶詰でいきます。

これだと余っても後から使えますね。

 

飲み物はといいますと、

春や秋ですと、3人で2リットルが目安です。

はよく飲みますので、1人で1リットルとしています。

ビールは、350ml缶が一人3本くらいの目安で買います。もちろん、飲む人の人数です。

ちょっと余るときもありますが、余っても日持ちしますからね。

 

まとめ

 

とっても楽しいバーベキューですが、メニューを考えたり、購入する食材や量がわかっていると、買い出しも楽になります。

 

是非、参考にしてください。

 

楽しいバーベキューをお楽しみください。

バーベキューやコンロのことは

バーベキューとバーベキューコンロのリンク集でもお伝えしています。

よろしければご覧ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP