横浜開港祭 花火大会 日程は?内容は?すごいところって?教えて!

数あるブログの中から、

私のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

花火ファンのあなた、お待たせしました。

スポンサードリンク

関東で一番早い花火大会ですよ。
「横浜開港祭」の一番最後の見せ場です。
その名も、ビームスペクタクルinハーバー

今年は、好きな人と一緒に行きましょう。

横浜開港祭 花火大会の日程は?

日程が決まりましたよ。

2015年 6月2日(火)
時間 20時20分~20時50分

6月から大好きな花火が見られるって、本当にすごいですよね。

開港記念日のことを少し。
開港記念日とは、
明治時代の初めに横浜港が貿易港として開かれた日なのです。
それまで鎖国の日本が、日米修好通商条約により、
海外との商取引を公に始めた歴史的な日なのです。

この花火大会を楽しみにしておられる方はたくさんおられて
昨年は70万人の方が楽しまれました。

横浜開港祭 花火大会は ここがすごい!

横浜開港祭の花火大会は6000発と玉数は他の花火大会と比べてみて、
多くはありません。

でも、花火大会の名前を
「ビームスペクタクルinハーバー」
と名付けて、

空に上がる花火はもちろんのこと、
レーザー光線をふんだんに使っての、
「光」「音」「水」そして「花火」の豪華なショーを
見て楽しむことが出来るのが、
すごいところです。

スポンサードリンク

あのショーはめっちゃんこすごすぎて、
あなたに上手に伝えられなくて、
一人でイラッとしています。
それくらいすごいです。

横浜開港祭 花火大会のイチオシのポイントとは!

横浜開港記念祭の花火大会の打ち上げ場所は
な・な・なんと海の上なのです。!

横浜臨港パーク真正面の海の上から3000発が打ち上げられます。

花火を見る一番のポイントは、もちろん 横浜臨港パークです。

でも、この場所で、しっかり見ようと思ったら、
場所取りには、朝早くから出動です。
前日からの場所取りが禁止されているためです。

うまくとれたときには、目の前で一台スペクタクルが広がります。

横浜開港記念の花火大会を、近くで見たいけど、
朝早くからは、無理というあなたには

あと一つだけ教えます。

それは、カップヌードルミュージアム・安藤百福発明記念館の海側です
最寄りの駅は、みなとみらい駅
ここは、横浜臨港パークよりも人が少なめです。

えいっ! もう一つ教えましょう。

横浜ベイブリッジです。

ロケハンをしてどこが良いか確かめておいてください。

まとめ

あなたと同じで、私も花火大会が、大好きです。

横浜開港祭 花火大会は、6月ですので、そんなに暑くないのもオススメです。

花火をゆっくり楽しんでください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP