年賀状への一言で気持ちをお届けしましょう 一言の例文も 会社編

社会人1年目のあなた、入社してから、毎日毎日、頑張ってこられましたね。

本当にお疲れさまです。

さて、そろそろ上司への年賀状をお送りする時期となりましたね。

日ごろからお世話になっている方への年賀状ですから、丁寧に仕上げることが必要ですね。本文や宛先などはパソコンをつかってプリントアウトできます。

でも、そのあとに書く一言でとても悩んでおられるのではないでしょうか。

私から、

年賀状への一言で気持ちをお届けしましょう 一言の例文も 会社編

として、年賀状への一言の大切さや具体的な例文をおつたえします。

スポンサードリンク

年賀状の一言はあなたの気持ちを伝えます

年賀状の本文は

謹賀新年
ご家族ご一同様には、幸多き新春を迎えられたこととお喜び申し上げます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年も昨年同様、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

のような大体同じような文章になっています。

それも、パソコンで作成してプリントアウトしたものになりますと、

まるで気持ちの入っていない感じになるような気がしませんか。

そこで、その本文の後に一言を書き加えることによって、あなたの気持ちを伝え、温かくて生き生きとした年賀状にすることができます。

そして、受け取られた方も、あなたの気持ちを快く受け止めていただけることと思います

年賀状の一言を書くハードルを下げましょう

こうしてご覧いただいているあなたは、一言が大切なことはよくわかっておられると思います。

でも、いざ書くとなると、

どんな風に書いていいのかわからない。

同じ言葉でいいのかなあ?

字を書くことが苦手できれいに書けない。

あるいは、

本文の中に何種類かの文を入れたから大丈夫。

などなど、ハードルが高いままになっていませんか。

手書きの文字が一番!!(自分の手書きの文字ではどうかなと思っているあなたに)

今、言葉や文章はパソコンなどで作り、プリンターなどで手軽にきれいに印刷することができます。

それが必要な時もありますが、私は、手書きの文字が一番だと思っています。

きれいに整った字だけが素晴らしいのではなくて、一人ひとりの個性が違うように、あなたが丁寧に書いた字こそが、あなたの気持ちがこもっていて、一番だと思うのです。

ですから、年賀状への一言を丁寧に書くことで、あなたの気持ちを伝えることができるのです。

年賀状の一言はこんな感じで

年賀状の一言の例文

・日頃の親身なご指導に深く感謝申し上げます
・旧年中のご厚情に心より御礼申し上げます
・昨年は親身なご指導をいただきありがとうございました
・これまでのご指導をさらに活かせるよう努める決意でおります
・昨年の経験を生かし今年はご期待に応えるべく精進する所存です
・本年も昨年同様ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします
・本年も相変わらぬ御指導のほど宜しくお願いいたします
・本年も○○部長の御指導を賜りたいと存じております
・皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします・今年もより一層仕事に精進したいと思いますのでご指導下さいますようお願いいたします
・昨年中は、大変お世話になりました。今年こそは、飛躍の年になるように頑張りたいと思っています。本年も変わらぬご指導のほど、心からお願い申し上げます
・今後も変わらぬご指導と末永いおつきあいをお願い申しあげます

1年目のフレッシュさで

社会人1年生ですので、フレッシュにあなたの気持ちをそのまま書いてもいいですね。

・わからないことを丁寧に教えていただきありがとうございます
・わたくしの挨拶を笑顔で返していただき本当にうれしかったです
・忘年会は楽しかったです!
・来年は○○にも挑戦したいと思っています!
・今年は、飛躍できよう頑張りたいと思います
・少しでも会社に貢献できるように頑張りたいと思います
・去年より今年は、良い仕事ができるように邁進したいと思います。


スポンサードリンク

まとめ

年賀状は、1年に1度だけの大切な『おてがみ』です。

書きながら、感謝の気持ちを新たにし、これからも邁進する力としてください。

その気持ちが、きっと伝わると思います。

年賀状の受け付けは、12月5日から25日までです。

この日を過ぎると元旦には届かなくなります。

一番大切ですね。

頑張ってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP