夏祭りのお礼状を作るときやお送りするときのポイントと例文

夏まつりを、無事に終えることができて本当にお疲れさまでした。

夏まつりでは、たくさんの皆様に寄付などを頂戴し、本当にありがたいです。

さて、ご寄付等をいただいた皆様へのお礼状を出すとなると、

どんな文面がいいかとか送り方とか悩んでしまいますね。

でも、大丈夫です。

私から、夏祭りのお礼状を作るときやお送りするときのポイントと例文をお伝えします。

スポンサードリンク

夏祭りのお礼状をお送りするときのポイント

素早く

夏祭りが終わりましたら、素早く、遅くても1週間以内には、ご寄付等をいただいた方のお手元に届くようにしましょう。

文書は、三つ折りで、宛名を記入した封筒に入れてお届けするほうがいいと思います。

また、大切な会社や法人、個人へは、封筒に入れたお礼状をお持ちするほうがいいと思います。

丁寧に

お礼状の文章は、丁寧に作成しましょう。

確実に

ご寄付等をいただいた方、すべてに、確実に、お送りしましょう。

私の仕事では、<外に出す文書は複数の目で見る>ことを、とても大切にしています。

ご寄付等いただいた方々のお名前のリストと出来上がった封筒は、

会長や副会長などにしっかりと点検していただきましょう。

あなたお一人での作業ならば、ご家族にお願いすることも一つです。

地域の回覧板等でお願いする場合は、枚数も確認しておきましょう。

夏祭りのお礼状の例文

会社や法人 と 個人あてに文書の内容を少し変えています。

参考にされてください。

会社・法人へのお礼状の例文

(横書き文書)

平成 ○年 〇月 〇日(右揃え)
○○社 社長 様(左揃え)
○○町内会自治会 会長(右揃え)
〇〇 ○○(右揃え)

夏祭りのご寄付のお礼(中央)

謹啓

(左一文字開ける)時下ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

(左一文字開ける)平素は、○○町内会(自治会)にご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。

(左一文字開ける)さて、去る〇月〇日には、夏祭りを開催させていただきましたところ、盛大に行うことができました。

(左一文字開ける)これも貴社のお陰と感謝しております。

(左一文字開ける)また、その節には、過分なご寄付を賜り、自治会一同心から厚くお礼申し上げます。

(左一文字開ける)今度、自治会の運営のために役員一同力を尽くす所存です。

(左一文字開ける)今後とも、ご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

(左一文字開ける)略儀ながら、書面にてお礼のごあいさつとさせていただきます。

謹白(右揃え)

個人へのお礼状の例文

(縦書き文書)

拝啓

(上一文字開ける)残暑が続いておりますが、みなさま方には益々ご健勝のこととお喜び申しあげます。

(上一文字開ける)平素は、○○町内会(自治会)にご理解とご協力を賜りまことにありがとうございます。

(上一文字開ける)さて、去る〇月〇日には、夏祭りを開催させていただきましたところ、盛大に行うことができました。これも地域の皆様のお陰と感謝しております。

(上一文字開ける)また、その節には、過分なご芳志を賜り、自治会一同心から厚くお礼申し上げます。

(上一文字開ける)今度、自治会の運営のために役員一同力を尽くす所存です。

(上一文字開ける)今後とも、ご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

(上一文字開ける)略儀ながら、書面にてお礼のごあいさつとさせていただきます。

敬具(下一文字開ける)
(上二文字開ける)平成○年〇月 吉日

○○町自治会 会長 ○○ ○○(下一文字開ける)

○○ ○○ 様


スポンサードリンク

まとめ

夏祭りのお礼状は、自治会の顔とも言えます。

また、来年もぜひお願いしたいとのメッセージにもなります。

やりがいのある仕事ですね。

さあ、張り切って文章を書いて きちんとお届けしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP