土用の丑の日 土用って?

数あるブログの中から、
私のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

土用の丑の日が近づいてきましたね。

 

土用の丑の日は、ウナギをいただいて、しっかりと栄養を付けましょう。

ところで、なんで土用の丑の日ってあるのでしょうね。
しかも、土用の丑の日に、ウナギを食べるのでしょうね。

 

今までに聞いていたこのことが、何となく気になっていませんか。

 

気になりますよね。

 

土用の丑の日のことをお伝えします。

スポンサードリンク

土用の丑の日の「土用」の意味は?

まず、土用の丑の日の「土用」からです。

 

この土用というのは、「五行」という昔の暦からきています。

 

今は、年間の季節と言えば春夏秋冬ですが、

「五行」では、

 

春を木行として植物のような発育伸長する勢いある傾向のとき

 

夏を火行として勢いが頂点に達し燃え盛る性質のとき

 

秋を金行として熱や勢いが衰え凝縮・固化しつつある状態のとき

 

冬を水行として水気は凝縮しきってエネルギーを秘めつつ静的に留まった状態のとき

 

そして、季節の変わり目を土用として土気が活発に働いているとき

 

としていました。

 

季節のことを、よくあらわしていますね。

 

うな重

 

季節の変わり目をあらわす日にちをまとめますと、今年は

立春2月4日
立夏5月6日
立秋8月8日
立冬11月8日

となります。

この 立春 立夏 立秋 立冬の前のを18日間を、
「土用の日」としています。

スポンサードリンク

立春の前約18日間:1/17~2/3頃

立夏の前約18日間:4/17~5/4頃

立秋の前約18日間:7/20~8/6頃

立冬の前約18日間:10/20~11/6頃

の4期間となります。

土用の丑の日の「丑の日」の意味は?

丑の日」というのは、
十二支の「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、兎(う)・・・」
のことなのです。

あなたの干支は、と聞かれますと、
すぐに「とら(寅)年です。」なんて言えますよね。

こんなふうに「丑の日」などの「干支」は
年を数えるのに使われていますが、

実は、干支は方角や、月だけではなくて
日にちをあらわすのに使われてきたのです

土用の丑の日の意味は?

いよいよ「土用の丑の日」の意味となります。

「土用の丑の日」を「土用」と「丑の日」に分けて考えると、

「土用」とは、先ほどの年間の4期間でしたね。

立春の前約18日間:1/17~2/3頃

立夏の前約18日間:4/17~5/4頃

立秋の前約18日間:7/20~8/6頃

立冬の前約18日間:10/20~11/6頃

その内の

干支の「丑の日」のことを

「土用の丑の日」と言います。

おやっ、夏だけじゃなくて、他にもあるの??」

と声が聞こえてきました。すぐに気がついたのですね。

 

うな丼

 

 

そうです。

「土用の丑の日」は夏だけではないのです。

春・夏・秋・冬にあります。

詳しい日にちは

2015年では、

冬:1月13日(火)、1月25日(日)
春:4月19日(日)
夏:7月24日(金)、8月5日(水)
秋:10月28日(土)

となります。

2度目の丑の日を「二の丑」とよんでいます。

土用の丑の日の中でも夏の日が有名になったことや
ウナギのことは、次に書きます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP