祇園祭の山鉾巡行のコースと時間!先祭と後祭はどちらがいいの?

数あるブログの中から、私のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

祇園祭に、一度は行ってみたいと思っているのですね。

祇園祭に是非お越しください。

7月1日から31日まで続く祇園祭の中でも一番のハイライトは、やはり山鉾巡行なのです。 

スポンサードリンク

この祇園祭の山鉾巡行を見るために、毎年京都を訪れる方がおられるほどですから、ひょっとしたらやみつきになるかもしれませんね。

祇園祭の 山鉾巡業の日程とコースや見せ場や

混雑を避けて見るポイントもお伝えします。

 

 

祇園祭での山鉾巡行の日程とコース

 

【前祭】

日程 7月17日(金)

時間 9:00~  四条烏丸出発

場所 四条通り、河原町通り、御池通り

長刀鉾(なぎなたぼこ)を先頭に、23基の豪華絢爛で個性豊かな山鉾が巡行します。

 

四条烏丸 (午前9時00分)

→河原町四条(9:40)

→ 河原町御池 (10:35)

→ 新町御池(11:25)

 

【後祭】

日程 7月24日(金)

時間 9:30~  烏丸御池出発

場所 御池通り、河原町通り、四条通り

後祭は、前祭の逆ルートです。10基の山鉾が巡行します。

 

烏丸御池 (午前9時30分)

→河原町御池(10:05)

→ 四条河原町(10:40)

→ 四条烏丸 (11:22)

 

京都市環境協会のサイト

 

祇園祭1

 

祇園祭の山鉾巡業の見どころは

列に並ぶ山鉾(四条烏丸)

朝9時の出発に向け、山鉾は、四条烏丸に集結します。ここがスタート地点になりますので山鉾が一堂に並ぶ様子はすばらしいです。

 

稚児の乗り込み(四条烏丸)

先頭は毎年長刀鉾と決まっています。囃子方に続いて、強力に担がれた稚児が鉾に乗り込みます。

 

山鉾 1

 

 

稚児の縄切り

スポンサードリンク

長刀鉾が動き出しますと、稚児舞が行われます。

そして、四条通の注連縄を稚児が切って落とします。

 

くじ改め

くじ取り式でひいた順番を奉行役が改めます。そこがくじ改め場です、独特の所作を楽しむことができます。

山回し

くじが改めがすむと、出発です。

その前に、山はぐるりと回され、四面を観客に披露します。

山を舁く人数は20人前後です。

 

辻まわし

四条河原町や河原町御池、御池新町の交差点に鉾がさしかかると、鉾は向きを変えます。

鉾の車輪は四輪とも固定されているので、鉾ごと方向を変えます。

 

鉾の下に積んできた割竹や樫の細丸太を並べ、滑りやすいように水を打ちます。

車方が鉾に乗り、通常は二人の音頭取りが四人になります。

 

引き綱を車輪にかけ音頭取りのかけ声に約40人~50人の曳き手が心を一つにして鉾を滑らせ、角度を変えていきます。

 

これが巡行の見どころのひとつ「辻まわし」です。

 

戻り

山鉾巡行で一番迫力があるのが、室町通・新町通に帰ってくる所です。

御池通で辻回しを行った各山鉾は、狭い通りをギシギシと音をたてて曳かれて行きます。

特に新町通には岩戸山・船鉾・放下鉾が戻ってくるので絶好のポイントです。

 

町会所

最後に山や鉾が町会所に着くと町内の人々が一斉に拍手、感動の一瞬です。

そして山鉾はその日のうちに解体されます。その技も見事です。

 

祇園祭の山鉾巡業の穴場は

 

出発地点の四条烏丸や辻回しの行われる四条河原町や河原町御池、御池新町の交差点は、すごく人が多くて混み合います。

ところが、御池通などは、人の頭ばかりを眺めることなく山鉾巡行を眺めることができます。

 

また、2014年からは、祗園祭の山鉾巡業は前祭と後祭となりましたので、

人混みをさけて見るのであれば、人の少ない後祭がオススメです。

でも山鉾の数は、前祭が23基 後祭は10基となっています。

前祭では、お店がありますが後祭では、ありません。

 

こうした違いがあるのですが、私は、前祭の「満員電車」状態よりも後祭がいいと思います。

 

まとめ

 

祇園祭は、リピーターが多い祭の一つでもあります。

 

山鉾巡行だけでも、すごくたくさんの見どころがあります。

また、その前日となる宵山 宵々山、宵々々山にもたくさんのイベントがあります。

 

祇園祭宵山をうんと楽しむ方法 混雑をさけて 山鉾 曳く 登る?

 

にも、紹介してありますので、よろしければご覧ください。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP