花火大会に持っていくもの 教えて!

数あるブログの中から、

私のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

このブログをご覧いただいたというのは、花火大好き一家でしょうね。

きっと。

 

花火大会を見に行くのは、以前は、大人だけだったのが、

ちょっと大きくなってきたお子様も連れて行こうと

予定されているのですね。

 

お子さんにとってはとても思い出に残ると思います。

是非、連れて行ってあげてください。

 

私が良くもって行っているものについてお伝えしますので、

参考にしてください。

スポンサードリンク

 

花火大会 持っていくもの

 

花火大会が行われるところは、海か川の近くで行われますね。

そして、ご覧になるところは、

その近くの、公園などでしょうか。

それとも、アスファルトの上になるでしょうか。

 

行く場所に応じて考えてくださいね。

 

では、紹介していきます。

 

 

■透明の雨傘

花火を間近で見るのならば、

空から花火の燃えカスが雨霰のように降ってくるので、

それをかぶらないための雨傘です。

天候の急変への対応のためでもあります。

 

■薄手の長袖の上着

急な気温の変化への対応と、

花火を見る公園などでは、ヤブ蚊が多いかもしれません。

その対策用です。

 

■虫除けスプレー

 

■かゆみ止めクリーム

 

■タオル

 

■懐中電灯

足下が暗いときにとても頼りになります。

100円ショップなどでとてもコンパクトなものもありますね。

一人1個は持っておくといいですね。

 

■絆創膏

ちょっとした擦り傷に効果抜群。安心。

 

■団扇・扇子

暑さよけ、虫除けにもなります。

 

■クーラーボックスに入れた飲み物や食べ物

この前、花火大会の近くでは、

かなり高くつきました(ビール(350ml)が500円)ので、

ちょっと重いですが、家から持っていきます。

(保冷剤も忘れずに)

お菓子、お茶などあるといいですね。

 

■レジャーシート

家族みんなが座れるもの

 

■座布団またはクッション

おしりが痛くならないための工夫です。

スポンサードリンク

 

■折りたたみ椅子

キャンプで使っているようなしっかりしたものから、

低くておしりの下に敷くだけのような四角や三角のものがあります。

この折りたたみ椅子を使う場合は、

周りの状況をよく見て使うようにしてください。

後ろの方の邪魔にならないようにしてください。

 

■携帯電話

■カメラ

きれいな花火は、しっかりと残しておきたいですね。最近のデジカメはとても性能が良くなっていて驚きました。

 

■小型トランシーバー

大きな花火大会は、たくさんの人が集まっているので

携帯電話が使えないこともあります。

小型トランシーバーが用意できるようであれば、

是非、持っていきましょう。

 

■トイレットペーパー1巻

花火大会の現地のトイレは、紙がないと思ってください。

 

■男女兼用型緊急ミニトイレ

花火大会の時の、トイレの混み方はすごいですね。

お子さんのためにも、あなたのためにも、

家族の人数分用意しましょう。

 

■ウエストバッグ

貴重品やカメラなどを入れておきます。

私は、以前に悲惨なことに財布をポケットに入れていて

落とした経験があります。

あなたには、そんな経験はさせたくはありませんから。

 

 

■バッグパック

できるだけすべてのものを入れましょう。

 

 

人が多くてすごく混雑することが予想される場合には、

ベビーカーは、やめておいた方が良いと思います。

周りの人は、あなたにもあなたのお子さんの乗っているベビーカーを見てはいませんから。

 

まとめ

 

以上が,私が良く行く時に持っていくものですが、

 

きっと、これはいるなぁ、とか

これはいらないなぁと言うものがあると思います。

 

 

この際ですから、

持っていくものリストについてご家族で

話し合ってみてはいかがでしょうか。

 

きっと、すごく楽しいひとときになると思います。

 

 

また、花火大会当日は、

お子様を連れて、荷物も持ってとなりますと、

結構大変になります。

 

しかし、お子様を、家族を守るためにも、がんばってください。

 

 

花火大会を、安全に楽しんできてください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP