披露宴の乾杯の挨拶を新郎がウエルカムスピーチとしてする時の流れ例文

結婚披露宴を親族や親しい友人で行う場合が増えてきました。

そうしたアットホームな感じの披露宴では、

新郎が、参加者へウエルカムスピーチをすることがあります。

それに続いて乾杯をしています。

私から、披露宴の乾杯の挨拶を新郎がウエルカムスピーチとしてする時の流れや例文についてお伝えします。

スポンサードリンク

披露宴の最初の演出としてのウエルカムスピーチ

披露宴は、新郎新婦が入場してから始まります。

入場して、はじめに主賓の挨拶となるところですが、ここで新郎からのウエルカムスピーチをします。

披露宴の最初の演出ですね。参加された皆さんに注目して聞いていただくとても大切なスピーチです。

明るく笑顔でお話しましょう。

新郎新婦が二人でするのもいいですね

披露宴のよいウエルカムスピーチとは

よいウエルカムスピーチとは、どのような挨拶でしょうか。

最初ですから、いいたいことがたくさんあると思いますが、シンプルが一番です。

シンプルな中にも、「ご出席いただきありがとうございます」という感謝の気持ちをきちんと伝えましょう。

時間は、1~2分がちょうどいいです。

新郎新婦挨拶

披露宴のウエルカムスピーチから乾杯への流れと例文

流れ
1.招待者へのお礼
2.婚儀の報告
3.締めの言葉
4.乾杯

例文

本日は、私たち二人のためにお越しいただきましてまことにありがとうございます。

私たちは、先ほど、無事に結婚式を挙げることができました。

いま、夫婦となった喜びと責任の重さを感じています。

披露宴では、皆様に楽しんでいただけるようにと準備を進めて参りました。

行き届かないところがあるかとは思いますが、楽しい時間をお過ごしいただけたらと思います。

そこで、恐縮ではございますが私達二人で乾杯の音頭をとらせていただきたいと思います。

みなさまご唱和ください。

乾杯!

ありがとうございました。

スピーチの中には、天候が悪い場合には、「本日はお足元のお悪いところ」を、
また、遠くからお越し頂いた方には、「遠路はるばるお越しいただきまして」など、感謝の言葉を入れるようにしましょう。


スポンサードリンク

披露宴で乾杯のタイミング

ウエルカムスピーチの後で、参加者のグラスにシャンパンを注ぐ時間がいります。

「乾杯の音頭をとらせていただきたいと思います。」の後がその時間です。

笑顔で皆様に軽く会釈などしながら、全体を見て待ちましょう。

すべてのグラスの用意ができましたら、スタッフがグラスを渡してくれます。

自分のグラスを顔の高さに持ち上げてから、

「みなさまご唱和ください。」

「乾杯!」

となります。

待つ時間は長く感じますが、落ち着いて待っていてください。

まとめ

ウエルカムスピーチは、参加者の皆様に、

新郎新婦の感謝の気持ちを一番伝えやすいときではないかと思います。

また、それに続く乾杯は、会場全体の雰囲気を盛り上げます。

元気よく「乾杯!」の声を

会場全体に響かせてください

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP