入学祝いのお返しは必要なのでしょうか?両親や親戚へは?金額は?

お子様のご入学。おめでとうございます。

とりわけ、お子様が小学生になられる場合は、
ここまで育ててこられるまでが、
大変だったのではないかとお察し致します。

お子様のご入学にあたり、ご両親や、ご親戚の方々から、
入学祝いをいただいておられるか、これからお受け取りになると思います。

さて、入学祝いのお返しについて、いろいろな考え方がありますので
あなたとご一緒に考えて行きたいと思います。

スポンサードリンク

入学祝いのお返しははたして必要でしょうか?

入学式の様な、一つの節目の時には、マナーの本を見ることがありませんか。

その中で、入学祝いのお返しは、必要ないとの記述を見たことがあります。
理由としては、子どもは、働いていなくて収入がないので、お返しのようなことは
しなくても良いということのようです。

でも、少し考えて見ましょう。

あなたの大切なお子様とあなた方のことを、
今まで大切に見守って来てくださったからこその、入学祝いですね。

お子様へは、

「こんなにも元気に大きくなって、本当におめでとう。
これからも頑張って大きくなるのですよ。」

という思いが込められていますし、

あなた方への

「よく頑張ってここまで育ててきましたね。」

というお気持ちの表れですね。

そうした、たくさんの思いをいただいたのですから、
お返しはいらないというわけにもいかないと思います。

ですから、ちょっと工夫をしてお返しをお送りしてはいかがでしょうか。

入学祝いをいただいた両親や親戚にはどうすれば良いのでしょうか

ご両親から、入学のお祝いをいただいたときのことですが、
遠く離れていて、あまりお会いできていないご両親とかですと、
お話をするということに戸惑われるかもしれませんが、
連絡できるのならば、いただいた時にすぐに、お礼の電話をしましょう。

その時に、お子さんが受話器をもって、お話するのも、大変喜ばれると思います。

そして、入学式の時に、是非スナップ写真を撮影しましょう。

入学式が終わってからすぐに、写真にして、送りましょう。

スポンサードリンク

送る際には、あなたからの手紙とそこにお子さんからの一言も入れて送りましょう。
お子さんからは、文字ではなくても、お子さんが好きなものを書くのも良いでしょう。

その時に、お返しも送りましょう。
さて、お返しは、何がいいでしょうか。

一般的には、お菓子などの詰め合わせを選ばれることが多いのです。
ところが、私の友人に聞きますと、お菓子ですと、相手様の好みもあると思うので、
普段使っていただけるように上等なお味噌とお醤油を送って、先方に喜んでいただいたそうです。

それ以外にもいろいろあると思いますが、
まずは、自分がいただいて嬉しいもの
ということで選んでみましょう。

インターネットのサイトの中には、
「入学祝いのお返しギフト」
を特集しているところもありますので、
一度見てみるのも良いですね。

入学祝いのお返しの金額はいくらぐらいが良いか

入学祝いのお返しは、品物よりも、お金でお返しをした方が良い場合もありますね。

「お気持ちだけいただいておきます。」ということで、
全額をお返しするのは、やめておいた方が良いです。

なぜなら、「返された。」と思われて、
あなたの真意が伝わらないことがありますから。

金額に関しては、「半返し」がよいのではないかと思います。

また、お送りする場合には、表書きは「内祝い」として、下にはお子様の名前で送ります。

この場合も、品物の場合と同じように、
あなたからのお礼のお手紙とお子様からのメッセージ(一言や絵など)を
添えて送りましょう。

まとめ

入学祝いのお返しは、一般的には、必要ないとされています。

しかし、世間一般のとおりではなく、
ここは、お祝いを贈っていただいた方のお気持ちを考えることにしませんか。

でも、その地方のやり方や、ご家庭の思いやご親戚とのおつきあいもある事と思いますので、
いろいろとお考えになってください。

その時には、自分だけではなくて、お子様をはじめご両親やご親戚の皆様が、
気持ちの良い方法はということで進めて行けば、必ず良い方法があると思います。

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございました。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP