子ども会のクリスマス会の挨拶のコツと例文!開会・閉会

子ども会のお世話役をされているあなた、本当にお疲れ様です。

うちの子がお世話になっているから、とは思っていても、行事の前には、ミーティング ロケハン。

本番では、子ども達の世話に手を焼く場面もあったりしますね。

そして、クリスマス会では、挨拶の担当になられたとのこと。何を、どういっていいのか困っているあなたに、私から、

子ども会のクリスマス会の挨拶のコツと例文!開会・閉会

として、挨拶のことを紹介します。

スポンサードリンク

子ども会でクリスマス会の挨拶のコツ

元気 と 感謝

子ども達は、本当に元気ですね。ちょっとした空き時間にちょこっと広いところでは、直ぐに、走り回ったりと、とにかく動き回っています。そんな元気な子ども達に、話をするときには、もう、元気しかありません。

でも、叫ぶということではありませんよ。

後から、紹介する挨拶の例文をご覧いただき、使えるところはご自身の言葉で元気よくお話ししてください。

そして、いまさら言うのも何なんですが、

子ども会の運営は、決して一人でできるものではなく役員がチームとして一人ひとりが活躍することで動いているのですね。

ですから、役員はじめ、お手伝いいただいている皆様に感謝の気持ちをはっきりとお伝えしましょう。

子ども会でクリスマス会の挨拶の例文 開会の時

子ども達向けと、保護者向けと分けてお話ししましょう

みなさん、こんにちわぁー!! (子ども達の返事を待ちましょう)
(返事がない時は、誘い掛けましょう)

今日は、待ちに待ったクリスマス会です。

出し物や、ゲームがたくさんあります。プレゼントもありますので、めっちゃ楽しみにしてくださいね。

おうちの方にお話ししますので、ちょっと待ってくださいね。

皆様 こんにちは、本日の司会を務めさせていただきます。○○ ○○と申します。

このようなことに大変不慣れなのですが、精一杯務めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

役員の皆様、クリスマス会の準備に何日も前から携わっていただき本当にありがとうございます。

今日も、いろいろとお手間をかけますが、よろしくお願いします。

また、保護者の皆様、参加していただきありがとうございます。ご自宅では、見られないお子達の様子が見られるのではないかとも思います。楽しんでください。

最後になりましたが、自治会長様はじめ、ご来賓の方々、ご多用にも関わりませずご参加いただきまして深く感謝いたします。ありがとうございます。子どもたちの成長ぶりをご覧いただけたらと思います。

さて、子ども達、よく我慢できましたね。

私から、二つだけ約束してほしいことがあります。

一つ目は、ゲームを楽しくするためにルールがあります。そのルールをしっかりと聞いてくださいね。


二つ目は、自分がされて嫌なことはしないということです。言葉遣いとか叩いたりすることかに気を付けましょう。

さて、いよいよ、クリスマス会の始まりです。

皆様、ありがとうございました。


スポンサードリンク

子ども会でクリスマス会の挨拶の例文 閉会の時

あっさりと短めに

クリスマス会はどうでしたかぁー? 楽しかったかなぁー? (子どもたちの返事を待ちましょう)

これだけ素晴らしいクリスマス会を用意しれくれた皆様へ、みんなで大きな声で『ありがとうございました』とお礼を言いましょう。

さんはい! 『ありがとうございました』 (拍手する)

最後になりましたが、本日、クリスマス会を開いていただいた役員さん、並びにお手伝いいただいた方々、何日も前からの準備等、本当に大変だったと思います。本当にお疲れさまでした。

私は、今回初めて司会進行役を勤めさせていただいたのですが、これだけスムーズに進行することができましたのも皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

来賓の皆様も、楽しんでいただけましたでしょうか。今後とも、子ども会を見守っていただけましたら幸いです。

これでクリスマス会を終了いたします。ありがとうございました。

皆様、どうぞ気を付けてお帰りください。

まとめ

お読みいただき、いかがでしたでしょうか。

くれぐれも、これを全部言わないといけないなんて、絶対に思わないでくださいね。

あなたにとって、あれっというところは、流してください。
これいいなあぁ というところは、ご自身の言葉に変えてお使いください。

あなたの元気な声での挨拶が、子ども達の大切な思い出につながることと思います。

そして、役員さんはじめお世話いただいた皆様も、「次も、頑張ろう。」と思っていただけると思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP