あしかがフラワーパークのイルミネーションの期間場所見どころ

あしかがフラワーパークは、2014年に4300人の夜景鑑定士が選んだイルミネーションの全国第1位に輝いたイルミネーションです。

その広さは、なんと94,000㎡もあります。

イルミネーションの数も300万球を超えます。

私から、あしかがフラワーパークのイルミネーションの期間場所見どころなどを紹介します。

スポンサードリンク

あしかがフラワーパークのイルミネーションの映像

まず、その美しさを映像でお楽しみください。

「あしかがフラワーパークイルミネーションのご紹介 」

あしかがフラワーパークのイルミネーションの期間・料金など

期間

2015年10月24日(土) ~ 2016年2月4日(木)

テーマ別に3つの期間に分かれています。後ほど、紹介します。

点灯時間

6:30~21:00 (土日祝は21:30まで)

入園料金

大人:700円 小人350円

休園日

12月31日(木)

あしかがフラワーパークのイルミネーションの場所アクセス

場所

〒329-4216 栃木県足利市迫間町607

TEL.0284-91-4939 FAX.0284-91-4587

アクセス

電車

JR両毛線「富田」駅より徒歩13分

 

富田駅からの順路

出典:あしかがフラワーパーク

東武伊勢崎線からは、「久喜」駅で、
JR東北本線に乗り換え
「小山」駅で「両毛線」に乗り換え「富田」駅へ

「JR上野」駅からは、JR東北本線
「小山」駅「小山」駅で「両毛線」に乗り換え「富田」駅へ

東武線は、東武伊勢崎線「足利市」駅からシャトルバス約30分

シャトルバスの時刻表は、こちらです。

【東北自動車道より】

佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)

【北関東自動車道より】

太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面進行(約20分)

足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(約15分)

佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)

(所要時間は平常時の目安)

収容台数:300台(普通車)

周辺地図はこちらです。

http://www.ashikaga.co.jp/pdf/sightseeing/001.pdf

あしかがフラワーパークのイルミネーションのテーマの時期と内容

10月24日~11月中旬

光と花のコラボレーション

11月下旬~12月下旬

フラワーパークのクリスマス~クリスマスファンタジー

元旦~2月4日

ニューイヤーイルミネーション~光と冬ボタンの共演


スポンサードリンク

あしかがフラワーパークのイルミネーションの見どころ

光のバラ園

2014年春からローズガーデンが新しくできました。バラのすばらしさに感動です。
ここローズガーデンが、イルミネーションで昼間とは違った美しさを見せてくれます。

みんなの地球

地球の周りのたくさんの動物たちが、夜の光になって飛び跳ねています。水面にうつり2倍にも3倍にも楽しめます。

軌跡の大藤

ここあしかがフラワーパークには、春に見事に咲いて楽しませてくれる大藤があります。その、見事な藤の花がイルミネーションとなって、闇の中に浮かび上がってきます。

しかも、ただ点灯するだけではありません。

咲き始め~満開~舞い散るまでのストーリーと共に展開されます。

見終わった後、感動の余韻に浸ってください。

日本の四季「こころの故郷」

多くのイルミネーションは、平面に展開されて楽しませてくれるのですが、ここでは、高さと広がりがあります。
というのも山の斜面を利用してあるのです。

光が織りなす懐かしい情景をお楽しみください。

まとめ

あしかがフラワーパークは、広くてどこを見ても本当にきれいです

存分にお楽しみください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP