お中元を送る時期!はじめてです!いつ?何を贈ればいいの?

数あるブログの中から
私のブログをご覧いただきありがとうございます。

このブログをご覧になっているあなたは、
お中元をはじめて贈られるのですね

スポンサードリンク

 

お中元の送り先は、
ひょっとしてお世話になったお仲人様ですか。

えっ、あたりですって。

じゃあ新婚ほやほやなのですね。

ご結婚おめでとうございます。
心よりお慶び申し上げます。

ご結婚されて、初めての夏に、
お世話になったお仲人様に、
お中元を贈りたいと思っておられるのですね。

あなた方はとてもすばらしいと思います。

では、お中元を
いつまでに、
どんな品物をお贈りすれば良いかを

わかりやすくお話しします。

お中元ってどんなことなの?今更聞けないから教えて!

はい、わかりました。

お世話になったお仲人さんにお贈りするにあたって、
お中元のことをちゃんとわかった上で
贈りましょうというのが、すごくいいと思います。

詳しくすると、難しくなりますので、簡単にお話しします。

まず、お中元のいわれとしましては、
昔の中国で7月15日をまつりごとの「中元」と
いっていたことから始まります。

それが、日本に伝わってきたときに、
それまでに日本でおこなわれていた7月の贈り物の習慣と、
お盆の習慣が結びついて
「お中元」の習慣となったといわれています。

このお盆が贈る時期のポイントになります。

現代では、お中元とは、中元の時期に、
お世話になった人へ感謝の気持ちを表すために、
物を贈る習慣のことをさしています。

 

お中元はいつお贈りすればいいの?

では、お中元はいつ贈ればいいかということですが、

6月の中旬から、お盆の7月15日までにお贈りします。

お盆の日にちは、贈る相手様の地方によって違いますので、
調べておいてくださいね。
(お盆が、8月15日のところがあります。)

これから先も、いろいろなところに
お中元をお贈りしていくと思いますが、

もし、7月15日を逃してしまった場合は、どうするかといいますと、
立秋(8月7~8日)までをめどに
「暑中お見舞い」としてお贈りしてもいいです。

スポンサードリンク

また、立秋以降は「残暑お見舞い」としてお贈りしますので、

覚えておいてください。
(繰り返しますが、お贈り先のお盆を調べておきましょう。
8月7日にお贈りする時に、「お中元」のままでお贈りするところもありますよ。)

お中元は、もって行くのがいいの?送るがいいの?

あなたは、ご結婚されて初めてのお中元ですから、
あらかじめお仲人様のご都合をお聞きしてから、
直接お宅お伺いして、お中元をお渡しするのがいいと思います。

その時に結婚式でのお礼もお伝えしますと、
先方はとても喜んでくださると思います。

もし、お仲人様が遠方におられる場合は、
お送りするのもいいのですが、

その場合は、お中元のお品に
あなた方からの挨拶状を同封するといいです。

荷物が届くころに手紙かハガキを出すのも、
丁寧であなた方の気持ちがお仲人様に伝わると思います。

その手紙かハガキには、あいさつはもちろん、
何を、いつ、どこから送ったかということを書いておくと良いです。

お中元は、何を選べばいいの

あなた方が、はじめてお贈りするお中元。
どんなものをお贈りして良いのか、
本当に悩んでしまいますね。

そこで、何を選ぶにしても、
とても大切なことは、自分目線ではなくて、
贈る相手のこと、今回はお仲人様のことを考えて
品物を選ぶことだと思います。

お仲人様は、お年も召しておられると思いますので、
健康に気を配った食品が良いのではないかと思います。

お中元の品物が届いたときに、
お仲人様が喜ばれる品物を選びましょう。
季節感のある品物がいいですね。

一般的に3,000円~5,000円くらいが
お中元の予算ですが、
特に決まりはある訳ではありません。

金額よりも感謝の気持ちが大切です。

このように考えて選ぶことが、
あなた方の気持ちを込めたお中元になると思います。

まとめ

あなた方は、
はじめてお贈りするお中元のことで、
きっと悩まれると思います。

相手様にお贈りする、
喜んでいただくということそのものを
楽しんで選んでお贈りください。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP