ファミリーキャンプに行こう まずは日帰りキャンプから始めましょう

寒さに肩をすぼめていたころから、 少したつと、いつの間にかコートやジャンバーを脱ぎ、
そして、家族で桜の花を楽しんだ日も過ぎましたね。

桜の花の散った後の葉桜を見ながらの帰宅。

今日もお仕事お疲れ様でした。

私から、ファミリーキャンプに行こう まずは日帰りキャンプから始めましょう とお伝えします。

スポンサードリンク

 ファミリーキャンプに行こう 思い出してください

自宅に帰って、夕食を済ましてほっとして、 お子様の寝顔を見たときに、 思い出されることはありませんか。

あなたが、小学校や中学校に通っている頃、学校からとかスイミングスクールのみんなと行った キャンプの楽しかった思い出です。

大きな荷物をしょって、キャンプ場に着いたときのうれしさ。
カレーライスを作るとき、煙が目にしみたこと、
飯ごうで炊いたご飯は、ちょっと硬かったけれど、
ちょっとシャビシャビだったルーの美味しかったこと、
あなたは何杯もおかわりをしたのでしょう。

そして、満足にシャワーも浴びられなかったのに、気にもならなかったあなたは、
消灯の時間が過ぎても、友達とコソコソして、スリル満点ではなかったのでしょうか。

思い出しましたか。

そう、キャンプって とってもおもしろくて楽しくて、 ステキなんですよね。

今年は、 パートナーとお子さんと一緒に 車でファミリーキャンプに出かけませんか。

あの時の楽しさを、 今度は、あなたとパートナーとお子さんで 何倍にもして味わいませんか。

そのために私の中にある、 ファミリーキャンプのたくさんのノウハウを 丁寧にわかりやすくあなたにおお伝えします。

ファミリーキャンプ 2

 キャンプに行こう 家族を巻き込みましょう

あなたは、私の話を聞く前から、 家族でファミリーキャンプを楽しみたかった。ですって。

やっぱりね。

では、家族の方はどうですか?

あまり乗り気じゃないって。

家族をその気にさせるのは、 あなたが、ファミリーキャンプに行くと その気になっているときが一番のチャンスですよ。

「いつやるの、今でしょ。」(笑)

キャンプの楽しさを、それこそいっぱい話しましょう。

 ファミリーキャンプに行こうお子さんの笑顔のために

さあ、あなたの出番ですよ。

ファミリーキャンプの楽しさを思いっきり語りましょう。

語っているときに、ちょっとチラ見しましょう。
テレビではないですよ。

お子さんです。

お子さんの目がキラッキラッとなるまで語りましょう。

ファミリーキャンプ 母と子 1

さて、まず、ファミリーキャンプの一番の楽しみは、 普段の生活と違う場所で、自然を体いっぱいに感じられることですね

スポンサードリンク

キャンプ場の中は、広い芝生や、散歩コースや、探検コースが たくさんあるところがとても多いです。

家族でじっくりと歩いてみると楽しいですね。

お子様は、歩きながら、虫をとったり、川縁におりて魚を探したりと、 夢中になることでしょう。

そして、おうちで食べるご飯ももちろん美味しいのですが、ファミリーキャンプにいって自然の中で食べるご飯は、すごく美味しいのですね。

バーベキューも家よりも手軽にできます

キャンプ場は、いろんなところにありますね。

海の近くにファミリーキャンプに行くと、まず、磯で遊べます。磯で魚を捕るなんて最高ですね。
もちろん、釣りも存分に楽しめます。海水浴もすごくいいですね。

また、山の中のファミリーキャンプ場では、 まず、景色の良いところが多くあります。
秋に行きまして、くりのいがなどを見つけたお子さんは、すごく喜ぶでしょう。

他にも、楽しみがいっぱいありますね。

あなたからお話ししてあげてください。

その内、お子様の目は、キラッキラッとして聞いてくれることでしょう。

 ファミリーキャンプに行こう

 まずは、日帰りから始めましょう

あなたの気持ちのこもった話を聞いていて パートナーやお子さんは、その気になったことでしょう。

じゃあ、行こうと、いきなりホームセンターやスポーツ用品店に行って、 ほらテント、次はタープなんて買い物に走るのは、オススメしません。

私がオススメするのは、まず、ディキャンプ(日帰りキャンプ)からです。

ディキャンプって響きがいい言葉でしょ。

ディキャンプですることは、 お弁当を作って近くの公園にハイキングに行くような感じと思ってください。

それを、ちょっと遠くの公園に行きましょうと言うことです。

そこで、あなたの、近くにちょっと大きめ公園がないか、インターネットで探してみましょう。

そこでは、たとえば長い滑り台があるとか、広い芝生で思いっきり遊べるなどができるなどのところを探しましょう。

場所が決まれば、日にちを決めましょう。

その日は晴れるといいですね。

てるてる坊主さんにがんばってもらいましょう。

お弁当の材料は、前日から用意しておいて、当日は、朝早く起きてお子様と一緒に作りましょう。

その美味しいお弁当やレジャーシートなどを持って、いよいよディキャンプに出発です。

思う存分楽しんで、夕方くらいに帰ってくればお買い物もできますね。

その日は、お子様もあなたもパートナーも大満足のことでしょう。

 まとめ

1回目のディキャンプで楽しみをいっぱい味わったあなたのお宅では、きっと何回となく出かけられることでしょう。

行くたびに、きっとあなたのことですから、小さなテーブルと椅子のセットとか、こじんまりとした日よけのテントなどを 購入されると思います。

それも、楽しみの一つですね。

そうして楽しみながら、あなたのお宅のスタイルを考えておくといいですね。

後々、本格的なファミリーキャンプを始めるのであれば、椅子とテーブルであれば、テーブルと椅子が一体になった物がいいのか。
別々の物がいいのかというのもあなたのお宅のスタイルの一つなのです。

テントを買うのであれば、小さいのが2つがいいのか、 大きいのが1つで前室があった方がいいのかと言ったことです。

ファミリーキャンプのことはこちらでもお伝えしています。

ファミリーキャンプのリンク集

よろしければご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP